Webライティング

ブログやWebライティングにおける記事構成案の作り方:今すぐ可能な5つの手順

ブログやWebライティングにおける記事構成案の作り方:今すぐ可能な5つの手順
  • 記事構成の作り方がわからないので詳しく知りたい
  • まずは構成から作れといわれたけど本当に意味あるの?
  • 記事を作成する際どの順番から手掛ければ良いの?

そんな悩みにお応えします。

 

ブログやWebライティングにおいて記事構成」は非常に重要、というよりほぼすべてです。

読者に刺さる文章を書くには構成を十分に練る必要があります。

記事構成の作り方:5つの手順
  1. KWを選定する
  2. ペルソナを設定する
  3. 読者ニーズを考える
  4. 読者ニーズをリサーチする
  5. 見出しを作成する

 

本記事の内容
  • 記事構成とは?構成案を作る意味
  • 『序論・本論・結論』について
  • 完読につながる記事構成の作り方
  • 記事構成後の流れ:5つのステップ
  • 注意すべき3つのポイント

 

現役Webライター兼Webディレクターの僕が

  • Webライターを始めたけど記事構成の作り方がイマイチわからない
  • 駆け出しブロガーなので1から丁寧に教えてほしい

そんな人に向けて解説します。

 

最後まで読めば、読者の悩みを解決できる有益な記事を作成できるようになるでしょう。

そもそも文章を書くのが苦手な人は、こちらを先にどうぞ。

→『文章をスラスラ書くための5つの改善方法』

 


1.記事構成とは|ライティングの設計図のこと

1.記事構成とは|ライティングの設計図のこと

記事構成とは、ライティングの設計図のことです。

誰に、どんな内容を、どの順番で書いていくかを決めます。

構成を最初に組み立てておけば、読者に刺さる内容を執筆できるのです。

記事作成において構成案は超重要。

 

構成なしで文章を書き始めるのは、設計図なしでいきなり家を建て始めるのと同じです。

当然グラグラした不安定な家が建ち、すぐに壊れてしまうでしょう。

そんな家に住みたい人は居ないはず...。

 

ブログなどの記事作成も同じです。

構成を決めずに執筆すると、支離滅裂で分かりづらい記事ができてしまうのです。

そのため執筆する前に構成案を必ず考えましょう。

 

ちなみにこの記事の記事構成はこんな感じ。

記事構成の作り方:本記事の記事構成

骨組みができれば、あとは肉付けするだけなのでラクちんです。

 

2.記事構成案を作る意味:本文を完読してもらうため

2.記事構成案を作る意味:本文を完読してもらうため

記事構成案を作るのは、読者に本文を完読してもらうためです。

龍馬
龍馬
適当に記事を作ってしまうと最後まで読んでもらえません。

 

記事構成案には2つの効果が見込めます。

  1. 読者が求める内容を執筆できる
  2. SEO(Google)から評価されやすい

 

読者は自分の知りたい情報を求めて、記事を読みにきます。

無関係な情報には興味ないんです。

読者が求める内容をドンピシャで伝えるためにも、記事構成案が必要になります。

 

キーワードや見出しを適切に設定するとSEOから評価されやすい。

評価されれば上位表示されやすく、たくさんの人に読んでもらえる。

 

あと最初に構成案を作っておくと、ライティングの時間が短くなります。

「執筆に時間がかかってしまう...。」そんな人はぜひ構成案から作成してみてください。

 


3.記事構成案の基本は『序論・本論・結論』

3.記事構成の基本は『序論・本論・結論』

Web上に存在するほとんどの記事は『序論・本論・結論』で構成されています。

なぜならその構成が最も自然で、単純に読みやすいからです。

 

Web上の記事構成
  1. 序論=リード文
  2. 本論=本文
  3. 結論=まとめ

 

■序論

第三者からの目線。

少し遠目のカメラワークから語りかける。


■本論

登場人物の主観で構成されており、思ったことや体験談を述べる。


■結論

遠目のカメラワークから記事全体をまとめ上げる。

 

ちなみに本記事もこの構成を使っています。

記事構成の作り方:本記事も『序論・本論・結論』を活用している

 

とはいえ、こんなざっくりした構成で良い記事が書けたら誰も苦労しません。

次項で具体的な手順を解説していきます。

 

4.完読につながる記事構成案の作り方:5つの手順

4.完読につながる記事構成の作り方:5つの手順

記事構成案の作り方は下記の5つです。

  1. KWを選定する
  2. ペルソナを設定する
  3. 読者ニーズを考える
  4. 読者ニーズをリサーチする
  5. 見出しを作成する

1つずつ詳しく解説します。

 

4−1.KWを選定する

記事を作成するとき一番最初にやるべきが、このKW選定です。

KW=キーワード

 

KW選定するのには2つの理由があります。

  1. 読者がどんな悩みを抱えているのかイメージできる
  2. SEO(Google)から評価されやすい

 

本記事は「記事 構成」のKWを狙っています。

このKWから想像できる読者の悩みは下記のとおりです。

  • 「ブログやWebライティングにおける記事構成の作り方が知りたい」
  • 「記事構成を作ることで得られるメリットが知りたい」

 

KW選定するだけで、これらが容易に想像できるのです。

また、KWを意識するとSEOから評価されて上位表示されやすくなります。

 

困惑する人
困惑する人
でもKW選定ってなんだか難しそう...。

たしかに、KW選定は奥が深いため、駆け出しの人には少し難しいかもです。

なのではじめのうちは、自分の書きたいブログジャンルの関連用語を参考にしましょう。

ダイエットブログの場合
  • ダイエット 方法
  • ダイエット 失敗しない
  • 痩せる 簡単 やり方

 

上記のように、読者が悩んでそうな用語を書き出し、下記ツールを用いてKWを選定していきます。

  • ラッコキーワード
  • キーワードプランナー

「ラッコキーワード」からは関連KWを調べられ、「キーワードプランナー」からは検索ボリュームを確認できます。

 

これらツールの詳しい使い方はこちらを参考ください。

→ラッコキーワードの使い方

→キーワードプランナーの使い方

KW選定のあとに仮タイトルを作成しよう。

 

4−2.ペルソナを設定する

KW選定が終わったらペルソナを設定します。

ペルソナとは、架空の読者像のこと。

 

「誰に」書いているのかを明確にすることで、KW選定ではできなかった悩みの深堀りが可能です。

ペルソナ設定は記事の完成度を大きく左右するため、必ず行いましょう。

 

ブログやWebライティングでのペルソナ設定は意外と簡単です。

下記の2パターンでOK。

  1. 過去の自分
  2. 特定のあの人

 

この記事のペルソナは『1年前の自分』です。

当時のことを思い出しながら、記事構成案を考えました。

YouTube動画でマナブさんに「記事構成を作れ」といわれたけど、どうやって作ればいいかまったくわかんない...。

自分自身が悩んでいたことなので、読者の心境を想像しやすいのです。

 

龍馬
龍馬
目の前で会話できるレベルまで、読者を明確にイメージしてくださいね。

ペルソナ設定する方法はこちらをご覧ください。

→『ペルソナ設定する方法:作り方を3ステップで解説』

 

4−3.読者ニーズを考える

ペルソナを設定したことで読者が明確になりましたね?

次に、読者ニーズを自分の頭で考えていきましょう。

読者ニーズとは、読者の知りたい情報や抱えている悩みのこと。

 

読者ニーズが明確になれば悩みに沿って執筆できるので、読者にとって有益な記事になるでしょう。

読者ニーズには「顕在ニーズ」と「潜在ニーズ」の2種類がある。

 

■顕在ニーズ

読者が既に自覚している、明確化した悩みのこと。

■潜在ニーズ

記事を読め進める中で発見する、読者が自覚していない悩みのこと。

記事構成の作り方:顕在ニーズと潜在ニーズの関係性

 

本記事のKW「記事 構成」からは、下記の読者ニーズが想像できます。

  • 顕在ニーズ→記事構成の作り方が知りたい
  • 潜在ニーズ→記事構成が終わったあとの流れも知りたい

 

龍馬
龍馬
読者ニーズの考え方は至ってシンプルです。

自分が読者(ペルソナ)になったつもりで悩みを想像するだけです。

過去の自分がペルソナなら、当時を思い出すだけでOK。

潜在ニーズは1つではないため、思いつく限りひたすら書き出していきましょう。

 

本記事の潜在ニーズはこんな感じです。

記事構成の作り方:本記事の潜在ニーズ

 

検索窓にKWを打ち込んでみると、読者の心境がわかりやすい。

 

4−4.読者ニーズをリサーチする

自分で読者ニーズを考え終わったら、リサーチを行います。

自分では思いつかない読者ニーズもありますからね。

 

疑問に思う人
疑問に思う人
読者ニーズは多ければ多いほうが良いの?

最近のSEOでは、網羅性の高い記事が評価されま

そのためできる限り読者ニーズをかき集めましょう。

 

リサーチ方法は下記の3つです。

  1. 検索上位10記事
  2. Yahoo!知恵袋
  3. Twitter

リサーチのメインは検索上位10記事です。

かける時間の割合は『7:2:1』くらい。

 

検索上位10記事

狙うKWで実際に検索して、上位に表示される10記事をリサーチします。

見るのはあくまで見出しとタイトルのみで、本文は一切見ません。

自分では思いつかなかった読者ニーズを書き出していきましょう。

 

Yahoo!知恵袋

Yahoo!知恵袋は、Q&A掲示板のようなものです。

そのため読者のリアルな悩みを確認できます。

こちらも狙うKWで検索して、表示される上位10個を参考にします。

タイトルと本文をざっくり読んで、読者の顕在ニーズをリサーチしましょう。

 

Twitter

Yahoo!知恵袋と同じく、実際に抱えているリアルな悩みを確認できます。

KWによってはヒットしないこともあるため、見つかりそうになければ早々に切り上げましょう。

ちなみにSNSであればTwitterでなくてもOKです。

 

リサーチのやり方を詳しく知りたい人はこちらを。

→『ライティングが加速する!現役Webライターのリサーチ術』

 

4−5.見出しを作成する

読者ニーズをかき集めたら、見出しを作成しましょう。

見出しは読者ニーズを参考にして、読者の悩みを解決できるよう作り上げていきます。

 

見出しの作成例
  • 読者ニーズ→ダイエットを短期間で成功させたい
  • 作成する見出し→ダイエットを短期間で成功させる3つの方法

 

見出しには狙うKWを基本含めます。

SEOから評価されやすいからです。

とはいえ、SEOより読者ファーストを心がけ、読者にとって魅力的な見出しを考えましょう。

 

見出しには結論を必ず含める。

【〇〇とは?】など、ひと目で結論がわからない見出しは避ける。

 

見出し作成の順番は下記のとおりです。

  1. 予備知識
  2. 顕在ニーズ
  3. 潜在ニーズ
  4. まとめ

読者にとって重要なことから順番に、見出しを作成していきます。

 

ちなみに本記事の場合はこんな感じです。

記事構成の作り方:本記事の見出し

 

 

見出しは目に止まりやすいポイントなので、しっかり考えましょう。

見出し作成の際に本文ボリュームを決めておくと、後々ライティングしやすくなる。

 


5.記事構成後の流れ:記事作成5つのステップ

5.記事構成後の流れ:記事作成5つのステップ
疑問に思う人
疑問に思う人
記事構成案の作り方はわかったけど、そのあとはどうすればいいの?

あとは各見出しの肉付けをしていくだけです。

流れは下記のとおり。

  1. リサーチして下書きする
  2. 本文を執筆する
  3. 本文を推敲する
  4. 記事を装飾する
  5. タイトルを決める

上記を順番に見ていきましょう。

 

5−1.リサーチして下書きする

2回目のリサーチです。

今回は、本文執筆のための情報収集を行います。

リサーチして執筆する情報を、ひたすら下書きしていきましょう。

本文執筆とリサーチの工程は必ず分ける。

 

本文執筆の前にリサーチしておくことで、ライティングにかける時間を大幅に短縮できます。

 

龍馬
龍馬
2回目のリサーチは検索上位10記事から行います。

しかし、記載されている情報が間違っている可能性もあります。

そのため情報の事実確認は「厚生労働省」など、信頼性の高いサイトから行ってください。

言い回しだけ変えたコピーコンテンツはNG。

 

[pz-linkcard-auto-replace url="https://ryomakaigo.com/web-writer-research/"]

 

5−2.本文を執筆する

2回目のリサーチを終えたら、ここでやっと本文の執筆に入ります。

下書きが済んでいるためスムーズに執筆できるはずです。

 

基本的には、リード文以外を上から順番にライティングしていきます。

書きにくい箇所は飛ばしてOK。

 

本文執筆を始めたら最後まで全力で書き切ってください。

とりあえず誤字脱字は気にしないで大丈夫です。

 

疑問に思う人
疑問に思う人
でもどうやってライティングすれば良いかわかんない!

Webライティングの基本は「PREP法」と「SDS法」です。

どちらも結論ファーストの執筆法なので、読者にとって分かりやすい文章になります。

 

PREP法とは
  1. 主張(Point)
  2. 理由(Reason)
  3. 具体例(Example)
  4. 主張(Point)
SDS法とは
  1. 要点(Summary)
  2. 詳細(Details)
  3. 要約(Summary)

 

Web上に文章を書くならこの2つは必ず覚えておきましょう。

 

リード文の作成

「まとめ」まで本文を書き終わったら、そのあとリード文を作成します。

リード文では主に「記事内容」と「ベネフィット」を伝えましょう。

ベネフィットとは、その記事を読む価値のこと。

 

リード文は下記の型を用いればOKです。

魅力的なリード文の型
  1. 読者の悩み
  2. 読者との共感
  3. 結論と驚き
  4. ブランディング(権威性)
  5. 記事の内容
  6. 誰に向けての記事か
  7. 読み終わった後の未来

 

型に当てはめるだけなのでラクちんです。

リード文について詳しく知りたい人はこちらを参考ください。

→『魅力的なリード文の書き方:ブログに有効なテンプレートを大公開』

 

5−3.本文を推敲する

完成だと思う人
完成だと思う人
本文の執筆が終わった!完成!

ちょっと待って下さい。

本文を書き終わったあとには「推敲」が残っています。

もしかしたらこの推敲が、記事作成において最も重要かもしれません。

推敲とは、書き終わった文章を修正すること。

 

文章の完成度を上げる非常に重要な作業です。

執筆後の文章には粗が大量にあるため、推敲で正しい文章に直しましょう。

 

推敲でチェックすべき11のポイント
  1. 無駄な文章を削る
  2. 文章の重複を取り除く
  3. 誤字脱字の修正
  4. 冗長表現の確認
  5. 句読点の位置の誤り
  6. 言い回しや表現方法の変更
  7. 事実誤認の確認
  8. 数字や漢字の相違確認
  9. 文章構成の整頓
  10. 読者ニーズに沿った内容か
  11. ひらがな・漢字・カタカナのバランス

 

推敲はかなり面倒な作業です。

ですが読者の満足度を大きく向上させるため、必ず推敲しましょう。

[pz-linkcard-auto-replace url="https://ryomakaigo.com/revision-manner/"]

 

5−4.記事を装飾する

推敲後に記事を装飾しましょう。

記事の「読みやすさ」に直結するため、完読率が左右されます。

とはいえ、Webライターであれば装飾をやらないケースが多いです。

 

装飾するポイントは下記の5点。

  1. 文字の装飾
  2. 行間を整える
  3. 箇条書きの差し替え
  4. 図や表の作成
  5. 画像挿入

 

装飾にこだわり、読者にとって読みやすい記事を目指しましょう。

自己満足な装飾は控える。

 

5−5.タイトルを決める

タイトルは一番最後に決めます。

なぜなら、記事の内容をギュッと凝縮したものだからです。

本文の執筆後ならタイトルを考えやすく、最初に決めるより魅力的なタイトルになります。

KW選定後に仮タイトルを決めている人は、ここでタイトルを推敲する。

 

タイトルには狙うKWを必ず含めましょう。

メインのKWだけでなく、ミドルKWやスモールKWといった「複合KW」も含めましょう。

複合KWとは、2単語以上のKWを組み合わせたものです。

 

複合KWの例
  • 「記事 構成」
  • 「ダイエット 方法」

複合KWは「ラッコキーワード」「キーワードプランナー」から見つけます。

メインKWを入力したら、下記のように一覧で表示されるはずです。

記事構成の作り方:複合KWの決め方

 

入れるKWが決まったらタイトルを仕上げます。

タイトルは5W1Hを意識しましょう。

入れるべき要素は下記のとおりで、上から順に優先度が高いです。

  • メインKW
  • 具体的な言葉(数字など)
  • ブランディング(誰が)
  • 複合KW
  • ベネフィット(何のために)
  • 記事内容(何を)
  • ペルソナ(誰に)
  • その他(5W1H)

 

ここで注意すべきは、タイトルにKWを入れすぎて読者ファーストではないことです。

読者にとって魅力的でなければ意味ありません。

タイトルを決める際は、SEOよりも読者を優先しましょう。

読者に魅力的なタイトルを意識して高いクリック率を目指そう。

 

6.記事構成で注意すべき3つのポイント

6.記事構成で注意すべき3つのポイント

最後に記事構成で注意すべきポイントを解説します。

失敗しないためにも抑えておきましょう。

  1. ペルソナを強く意識する
  2. 読者ニーズが多いなら記事を分ける
  3. 自分の書きたいことは書かない

順番にそれぞれお話します。

 

6−1.ペルソナを強く意識する

記事構成を作る際は、ペルソナを強く意識してください。

より明確なペルソナをイメージできれば、読者に刺さる記事を作成できるからです。

 

不特定多数に向けられたメルマガの言葉より、尊敬する人からの激励の方がよっぽど心に響くはずです。

それと同じく、たった一人に向けて放つ言葉が最も読者を惹きつけます。

そのためペルソナを強く意識して、構成案を作成しましょう。

 

6−2.読者ニーズが多いなら記事を分ける

読者ニーズが多いなら記事を分けましょう。

なぜなら、読者ニーズが多いとひたすら長い記事になり、読者の負担となるからです。

 

「Webライティング」というKWで記事を書くとします。

1記事ですべての悩みに応えようとすると、3万文字〜5万文字という非常に長い記事になります。

ボリュームの多い内容は別記事でまとめて分散しましょう。

 

内部リンクで連結させれば読者からの疑問は生まれない。

 

6−3.自分の書きたことは書かない

楽しいと思う人
楽しいと思う人
文章書くの楽しいなぁ〜。今日は何書こうかなぁ〜。

その気持ち分かります。

しかしブログやWebライティングにおいて、自分の書きたいことは書かないでください。

なぜなら、読者はあなた自信に興味がないからです。

 

あなたのブログ記事に武勇伝をひたすら書いても、読者からするとうざったいだけです。

読者はあなたの話を聞きたいわけではなく、自分の悩みを解決したいだけなのです。

読者にとって本当に有益な情報なのか、確かめながら構成案を作成しましょう。

→『Webライティングの本質をすべて解説』

 


まとめ:記事構成は読者が最優先!

まとめ:記事構成は読者が最優先!

ここまでの重要箇所をまとめます。

記事構成の作り方:5つの手順
  1. KWを選定する
  2. ペルソナを設定する
  3. 読者ニーズを考える
  4. 読者ニーズをリサーチする
  5. 見出しを作成する

 

記事構成後の流れ
  1. リサーチして下書きする
  2. 本文を執筆する
  3. 本文を推敲する
  4. 記事を装飾する
  5. タイトルを決める

 

:記事構成とはライティングの設計図のこと

:記事構成案を作るのは読者に本文を完読してもらうため

:『序論・本論・結論』の構成は最も自然で単純に読みやすい

:記事構成の気をつけるべき3点・①ペルソナを意識する・②ニーズが多いなら分ける・③書きたいことは書かない

 

文章書きはサービス業の一種です。

自分中心の考えを持っていると、いつまで経っても良い記事は作れません。

記事構成はすべて、自分のためではなく読者のためなのです。

 

文章を書くことの根本精神はサービスにある。

引用:いますぐ書け、の文章法

 

架空の読者をしっかりイメージして、読者を最優先に考えて記事を作成しましょう。

ただ。

それが難しいんですよね。

だからこそ、一緒に追求し続けましょう。

 

関連記事 文章を早く書く22の方法:1時間2000文字のテクニック完全版

関連記事 読みやすい一文の長さは『40文字』が目安:分かりにくい長文はダメ絶対

 

[pz-linkcard-auto-replace url="https://ryomakaigo.com/web-writing/"]

 

関連記事