龍馬の介護ブログ
コンセプトは『本心』
介護全般

【介護職員】業務と利用者どちらを優先?時間に追われる【25日目の感想】

2020年 5月7日 更新

 

こんにちは 龍馬です。(@ryomakaigo)

 

この記事は『介護のお仕事』出勤25日目の感想になります。

介護職員として働いている、僕の日記みたいなものです。

このブログを通して、介護職のリアルをお伝えできればと思います。

 

『これから介護職を始めるか悩んでいる』

『介護に少し興味がある』


『今現在、介護職を頑張っている』

 

そんな方々に向けて書いていきます!

 

✔️本記事のテーマ

【介護職員】業務と利用者どちらを優先?時間に追われる【25日目の感想】

 

✔️この記事を通して伝えたいこと

今回は、介護職あるある?というか僕の悩みを記事にしていきます。

時間に追われていると、利用者さんと会話ができない。

利用者さんと業務。どちらを優先すれば良いのか悩ましい

 

✔️記事の根拠や信頼性

4月から介護職に転職。

施設は従来型特養。利用者数は50名前後。

本日25日目の出勤をしました。

最近は、一人で介助をすることが多くなってきました。

そのせいか、時間に追われることが多いです。

そこで僕が思った悩みを、そのまま記事にしてきます。

僕の実体験のみで書いていきます。

 

 

業務と利用者どちらを優先?時間に追われる

 

業務が間に合わなかったり、やることが多かったり。

時間に追われることが多くなりました。

そんな中、利用者さんに話しかけられることがあります。

追われている業務、話しかけられた利用者さん。

どちらを優先すればいいか、すごく悩ましい時があります。

新人介護職員のそんな悩みを、今回まとめていきます。

 

時間に追われる

最近は、一人で介助をする機会が多くなってきました。

多少なりとも仕事に慣れたし、職員から少しは信用されている。

なんて思ったりしています。

嬉しいし、楽しいです。

 

勿論、一人で介助するからには細心の注意を払っています。

利用者さんの安全第一を、常に心がけています。

 

今までとは違い、業務のほとんどを自分ひとりでやらなければいけません。

いくら慣れてきたといっても、業務のスピードは超が付くほど遅いです。

なので、業務時間内に仕事を終わらせるために必死になっています。

常に時間に追われている感じです。

 

そんな時間がない中、利用者さんとコミュニケーションをとりながらの介助を心がけています。

そうすることで、利用者さんにとってのより良い介助ができると思っているからです。

そのためにも利用者さんに、寄り添いながら仕事をしていきたいです。

そんな理想があったりします。

 

しかし、そう思っていても上手くはいきません!

どうしていいかわからない時があります。

利用者さんに話しかけられると、業務と利用者さん。どちらを優先すべきか悩んでしまいます。

 

・移動中呼び止められる
・話を聞いて欲しいと言われる
・〜がほしい。とってきてほしい
・帰りたいと言われる(認知症)

 

一人一人、しっかりと対応をしたい。話を聞きたい。

そう思っていても正直時間がない。追われている。

どちらも大事なのはわかっているつもりです。

でも、どちらを優先するべきなのかわからないです。

 

『どちらかを妥協するべきなのか?』

『それとも時間をオーバーしてもいいのか?』

 

こんなふうに、時々葛藤しています。

それが今現在の僕の悩みです。

 

僕が行なっている、そんな時の対処法

正直、全く参考にならないと思います。

なぜなら、僕自身がその対処法に納得できていないからです。

 

・話しかけられた時、近くに別の職員がいればその方に変わってもらう

・いなかった場合、「後で聞きますんで、ちょっと待ってくださいね」
そんな感じで、早めに話を切り上げてしまう

 

もしそういう状況になった時、僕は業務を優先している傾向にあります。

利用者さんを待たせたりして、後で対応をしています。

毎回そんな感じというわけではありませんが、そうしているのも事実です。

本来はどちらも両立しなければいけない。そう自覚しています。

しかし、今現在それができないです。スキルが圧倒的に足りていません。

利用者さんに、向き合えていない時がたまにあります。

 

そうならないように、今後するべきこと

とにかく、業務を正確に、そして早くしていかなければなりません。

根本の安全第一はそのままに、効率的にこなしていくしかないと思っています。

そのためにも、常に考えながら行動していきます。

 

・どうすれば早くなるのか
・早くするコツはないか
・利用者に負担がかかってないか
・この業務本当に必要か

 

そんな感じでやっていきます。

そうはいっても、両立できない今。

正直、どれが正解かわかりません。そんなことに悩んでいる今日この頃でした。