介護士の実態

【2020年】介護職の「イメージ」【介護未経験者が思うこと】

2020年 3月 25日 水曜日 更新

こんにちは 龍馬です

この記事では介護職のイメージ

・1ヶ月程まえの介護知識ほぼ0の僕
・今現在の僕

この2パターンで紹介します。

 

「介護職は悪いイメージが多い」
「介護職やりたいけど実態がイマイチわからない」
「これから始める介護職員はどういったイメージか知りたい」

 

そんな人に向けて書いています。

 

 

【2020年】介護職の「イメージ」【介護未経験者が思うこと】

 

結論

 

1ヶ月前の介護知識ほぼ0の僕

・給料の割に業務がきつい
・汚いしやりたくない
・心身ともに壊れる
・ブラックな職場
・人間関係がめんどくさい

 

少し大袈裟に書いてますがこんな感じでした。

介護職に対してのイメージは悪いものばかりでした。

昔の僕は知人から話を聞く程度で

介護に対する認知度が低かったのです。

 

ですが

介護職をやると決めてのここ最近は

介護業界を知ろうと、始めるために行動をしてきました。

 

行動した結果

悪い点、良い点

それらが少しだけ見えてきた気がします。

 

 

今現在の僕

・給料の割に業務内容が合っていない【あくまで最初は】
・3k(汚い、きつい、危険)はあると思う
・体幹や技術がないと身体を壊す【あれば別】
・施設によってはブラックな職場もある
・ほか業種より人間関係が難しそう
・ほか業種では味わえない感動がある
・人間としての成長ができる

 

あくまで、今の僕が思う介護職のイメージ

 

簡単に言うと

 

『辛い、大変なことがあるけどその先に素晴らしいことがある仕事』

 

そう思っています。

 

そう思うのには理由があります。

この1ヶ月間で色々と行動してきたからです。

 

介護未経験なりに

・書籍で勉強したり
・ネットで調べたり
・知人に話を聞いたり
・Twitterで経験者から聞いたり
・介護福祉士で介護歴9年の姉に聞いた

 

などをしたので

少しだけ介護の実態が見えてきた気がします。

 

ただ、あくまで

僕自身介護未経験なので

僕個人の考えや理想がほとんどだと思います。

現実と違うことが多々ありますよね。

そこはご了承下さい。

 

この記事では、現在の僕視点

「介護職のイメージ」

を詳しく深掘りしていきます。

 

 

目次

①現在の僕が思う「介護職」に対してのイメージ(イメージが変わる)

②結局「イメージや実態」は介護職をやる上では関係ない話(人生の全てに言える)


③目的のために「今現在」何をすべきか(何が出来るか解説)

 

 

①現在の僕が思う「介護職」に対してのイメージ(イメージが変わる)

 

先程書いた通り

『辛い、大変なことがあるけどその先に素晴らしいことがある仕事』

そういうイメージをもって介護職に挑みます。

 

勿論、イメージは個人の勝手な理想なので実際はわかりません。

 

なので

今現在僕が思っているイメージ

理由を踏まえて深掘りしていきます。

 

今現在の僕のイメージ

・給料の割に業務内容が合っていない【あくまで最初は】
・3k(汚い、きつい、危険)はあると思う
・体幹や技術がないと身体を壊す【あれば別】
・施設によってはブラックな職場もある
・ほか業種より人間関係が難しそう
・ほか業種では味わえない感動がある
・人間としての成長ができる

 

 

給料の割に業務内容が合っていない【あくまで最初は】

介護職員って給料が安いイメージありますよね。

僕も他業種から転職したので痛感しました。

求人サイトや知人に聞いたところ

やはりそこまで高い給料はもらえません。

 

僕の場合は今の生活を維持するために派遣から始めますが

それでも今と比べて給料は少なくなります。

 

正社員から始め、資格も経験もないとなると

最低限の生活を余儀なくされるかと思います。

そして、業務内容

僕もある程度の覚悟はしてますが

最初の1、2ヶ月は大変らしいです。

覚えることも多いし

初めての体験が多くて大変とのことです。

 

これはほとんどの方が口を揃えて言っていました。

書籍でも最初は〜と書いています。

 

「でもそんなんだったら介護職続けられないよ」

 

たしかにそう思いますよね。

ですが、皆さんが思う大変な作業は「慣れる」らしい

資格、技術が付いてくれば手当てが貰えて給料も上がっていくそうです。

現に姉がそこそこの給料を貰えています。

 

なので、いつまでも

「業務内容の割に給料が低い」

ってことではなさそうですね!

 

 

3k(汚い、きつい、危険)はあると思う

正直僕のイメージではこの3つがあると思っています。

実際に話を聞いて僕自身がそう感じたからです。

排泄介助
認知症のケア
人間関係
身体の負担
精神的ストレス

 

少なからずそれら3kはありそうです。

 

 

体幹や技術がないと身体を壊す【あれば別】

中には身体を壊してしまう人もいるみたいですね。

業務内容的に仕方がないことかもしれません。

 

ですが、良く耳にするのが

「体幹や技術があれば身体は壊しにくくなる」

 

そういう意見が多いです。

 

ボディメカニクスというスキルがあります。

その技術を使うことで

介護をする側の身体的負担を減らせるらしいです。

 

あとは体幹を鍛えて軸をしっかりとすれば良いそうです。

 

「技術があっても身体を壊している人は少なからずいる」

 

そういう意見もありますね。

ですが、どの仕事にも言えると思いますが

身体を使う仕事で100%安全な仕事はないですよね。

 

なので介護をやる上では体幹技術は大切にしましょ!

 

ちなみに体幹トレーニングについて記事を書いてます。

是非参考にしてみて下さい!

http://ryomakaigo.com/no-break-body/

 

施設によってはブラックな職場もある

これは別業種でも言えることですが

介護職はブラックな職場が多いという勝手なイメージがあります。

実際にブラックな職場について色々と聞いたりしました。

 

ですが、施設によりけりらしいので一概には言えないですね。

 

 

ほか業種より人間関係が難しそう

これも勝手な偏見がほとんどだと思います。

他業種よりも人間関係が難しいイメージです。

 

物を扱う仕事ではなく

対人の仕事なので利用者さんのトラブルや

スタッフとのトラブルで難しいイメージです。

人間同士なのでストレスが溜まりやすいイメージです。

 

 

ほか業種では味わえない感動がある

今まで僕が書いたマイナスイメージ

この感動があれば乗り越えられると思っています。

 

ご利用者から貰える感動

 

漫画ヘルプマンを読んで思いました。

僕がご年配の方が好きなのもあります。

 

ふとした時の感謝の言葉、感動

 

それらを味わいたいと思えました。

 

 

人間としての成長ができる

僕が直接的に人と接する仕事をやってこなかったというのもあります。

沢山の人との貴重なコミュニケーションを得て成長ができると思っています。

ましてや人生の大先輩の方と話せる機会なんてほとんどないと思います。

成長に繋がると勝手に思っています。

 

 

僕のイメージは以上です。

『辛い、大変なことがあるけどその先に素晴らしいことがある仕事』

この素晴らしいことのために大変なことがあるからこそ

『やりがい』

が生まれると思っています。

 

 

 

②結局「イメージや実態」は介護職をやる上では関係ない話(人生の全てに言える)

 

ここまで読んでいただいてアレなんですが

元も子もない話になってしまいます。

 

介護職員をやる上では

介護業界の実態やイメージって正直関係ないと思っています。

 

何故なら

 

その人の目的が明確なら環境がどうであれ全く関係がないからです

 

全てのことに言えると思いますが

就職先が最悪の環境だったとしても

自分の目的やゴールが決まっていれば

そのために最善を尽くすだけですよね。

 

仕事として周りと協力するのは勿論ですが

周りの人の影響だったり

嫌なことをする人がいたりしてもあまり気にならないと思います。

 

「それでも悪い環境や辛いと心が折れてしまう」

 

そう思う方もいますよね。

たしかに僕自身、

ポジティブ精神で毎日過ごしているので違う人もいると思います。

 

ですが、介護をやる上で明確な目的がまだ足りないと思います。

今現在介護職に対する明確な目的がないなら真っ先にそれを見つけた方がいいと思います。

目的やゴールがないと中途半端になってしまったり、長続きしないからです。

 

・介護職を通して人を幸せにしたい
・ご年配の方が過ごしやすい環境を作りたい
・将来のために介護スキルを本気で学びたい
・将来老人ホームを経営したい

 

何でもいいと思います。

最初に目的を決めるのが最重要です。

 

なので

「イメージや実態」は介護職をやる上では関係ないと思います。

自分の目的、やれることをやっていきましょう!

 

 

 

③目的のために「今現在」何をすべきか(何が出来るか解説)

 

全てにおいて行動しないと何も始まらないと思っています。

 

【今現在介護職に対して目的がない方】

介護職をやる上でまだ目的が見つかってない人は

できれば先に目的を見つけた方がいいと思います。

実際に僕が目的を見つけるために行動したことを紹介します。

 

・介護のことについてひたすら調べる
・介護経験者から話を聞く
・Twitterで介護経験者と繋がる

 

勿論、目的がないまま介護職員になるのは悪いことではないと思います。

目的がなくても仕事をしながら見つけるのもありですね。

それも「行動」です!

 

 

【今現在介護職に対して目的がある方】

目的を達成するためにひたすら行動すべきですよね!

僕今現在しているのは

 

・介護について情報収集
・書籍などで勉強
・YouTubeで介護について学習
・体幹トレーニングやジョギングで体力作り
・オムツ交換など実践的なことを予習
・介護ベテランの方とTwitterで繋がる
・発信活動でそれらをひたすらアウトプット
・4月からの施設で働く準備

 

ざっとこんな感じですね

 

介護職に対して興味や熱意があれば行動あるのみですね!

頑張っていきましょ。

 

先日紹介したおすすめの書籍

http://ryomakaigo.com/family-umanitude/
https://twitter.com/ryomakaigo
僕のTwitterです。