介護士の実態

【2020年】介護職の残業代が出ないので不満:解決に向けての行動

2020年 97日 更新

 

こんにちは 龍馬です。(@ryomakaigo)

 

不満がある人
不満がある人

介護職をやっているのだけど、いくら残業をしても残業代が全く出ないので不満です。

これって仕方がないのかなぁ?

 

そんな境遇の方いませんか?

今まさに僕がこういう状況です。

不満があるなら「仕方がない」なんて言わないで、解決に向けた行動をしていきましょう!

僕もこの問題を解決するべく、今現在行動に移しています。

 

この記事は『同じ境遇の方に対して』

今僕が抱えている問題や解決策』を共有していきます。

あくまで途中経過なので、今後どうなるかは正直わかりかねます。

そこだけご了承お願いします。

 

ちなみにこの記事は自分用のメモ帳代わりでもあります。

また、自分に不都合が起きそうだと判断したら、この記事を削除させていただきます。

 

 

✔︎この記事の内容

⑴残業代が出ないのであれば解決に向けて行動をしよう

⑵実際に起きている残業問題についてまとめる

⑶解決方法を模索中:僕は真っ先に相談した

⑷まとめ:残業代を貰うのは当然の権利

 

 

✔︎記事の根拠や信頼性

派遣職員として従来型の特養で介護の仕事をやっています。

無資格・未経験から始めて約5ヶ月が経ちました。

以前は会社員を3年ほどやっていました。

 

そして、令和2年92日にある問題が発生しました。

施設のフロアリーダーから「時間外労働をしても基本的に残業代は出ない」

そう直接言われました。

今現在はそんな状況に不満を持ったので、派遣会社の担当者へ相談中です。

解決に向けて全力で取り組んでいます。

 

 

通常業務での定時過ぎ労働は残業にはならない。
サービス残業になる。
ハプニング時のみ残業代が発生。

今日フロアリーダーから初めて言われました。

通常業務でも、なんらかの影響で過ぎてしまうことはあるのに
そんな基準っておかしくないですか?

他の派遣職員の方々はちゃんと残業代でます?

 

 

※約5000文字の記事です。約20分で読み終わるかと思います。

 

 

⑴【2020年】介護職の残業代が出ないので不満:解決に向けての行動

 

『時間内に仕事が終わらなくて残業をしている』

『だけど残業代が出ない』

 

結論、この状況は間違いなくおかしいです!

どんな理由があろうと、残業をしていれば残業代が出ます。

残業代が出ない施設はブラックです。

 

何故なら、労働基準法でしっかりと定められているからです。

 

36協定によると、時間外労働や休日労働をさせた場合には、

その時間又はその日の労働については、通常の労働時間または労働日の賃金んお計算学の25分以上5割以下の範囲内でそれぞれ政令で定める率以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない

そう定めてられています。

 

この内容については、フォロワーの方が資料を見つけて提供してくださりました。

本当に感謝です。

時間外労働についてわかりやすく記載されてますので、一度目を通されることをおすすめします。

→『時間外労働』についてわかりやすくまとめた資料

 

不正残業は「使用者」が罰則を受ける

 

また、この労働基準法を破ると「使用者」が罰則を受けます。

 

6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金

 

コチラの記事に詳しく記載されています。

→「使用者」の罰金についての記事

 

 

なので、残業をしているので残業代が出ないという状況は間違いなくおかしいです。

その状況を打破するためにも、解決に向けた行動をしていきましょう!

 

僕もリアルタイムでこの問題に直面しています。

そのため、この記事を書きながら「労働基準法」について勉強したり調べたりしています。

僕自身、介護職員で労基法の専門家とかでは決してないので、抜けがあった場合は申し訳ありません。

 

 

それでは、僕自身がどんな問題に直面しているのかを、『具体的』にまとめていきたいと思います。

全て真実のみをまとめていきます。

 

 

⑵介護職で実際に起きている残業問題についてまとめる:残業代が出ない

 

それでは、リアルタイムで起きている嘘偽りない真実を書いていきます。

 

嘘偽りない真実はイメージダウンにならない

 

その前に1つだけ書いておきたいことがあります。

もしかしたらこういった実態を書くと

 

介護職のイメージダウンになるからやめろ!!

 

そういう意見を持った方もいるかもしれません。

確かに、この記事を読んで介護職に『悪いイメージ』を持ってしまう方もいるかもですね。

 

ですが

僕はこういった問題を隠す方が、逆に介護職のイメージを悪くしてしまうとも思っています。

何故なら、結果として新規参入者を騙すことになってしまうからです。

 

実際はイメージと全然違った!
聞いてた話と違う。騙された最悪・・・

 

などと思われる方がいるかもしれません。

なので、問題を隠すことは逆効果だと思っています。

もしかしたら、それが理由で介護職から撤退してしまうかもしれませんね。

 

それよりかは、問題を可視化することで、この職業に対しての不安を消すことができると思っています。

ということで、この記事では起こったことを全て洗いざらいまとめていきます!

 

 

残業は当たり前のように起きる

 

僕は派遣職員として従来型の特養で介護職員をやっています。

そのため、給料は派遣会社からいただいています。契約も全て派遣会社としています。

 

僕が配属されている施設では、仕事が時間内に終わらず残業になることがあります。

大体、月に4度ほど。15分〜30分ほどです。

 

何故残業になってしまうかというと、利用者さんの対応で時間が押してしまったり、限られた人数で業務が間に合わなくなってしまうからです。

そのため、定時を過ぎていても施設の職員からは

先輩職員
先輩職員
この業務とこの業務だけお願いね!

こんな感じで、施設側の指示で残業を余儀なくされる場合があります。

これに対して不満はありません。

また、他職員も同様で、業務が間に合わない場合は残業をしています。

ただ、特段に仕事の早い職員だけは残業をしていません。

 

そういった理由で残業をすることがあります。

もちろん僕は、派遣会社に残業代を請求していました。

「職員の指示による残業は残業代を請求して良い」と、フロアのサブリーダーに最初の頃に了承を得ています。

そのため、当たり前のように残業代を請求していました。

 

とはいえ、業務に対しては全力で取り組み、わざと手を抜いていたりサボって残業をしているわけではありません。

どうしても間に合わない状況や、利用者さんの対応で残業をしています。

 

お金の流れとしては【施設】【派遣会社】【僕】になります。

なので僕は派遣会社に残業代を請求して、派遣会社から施設へその確認を行なっています。

 

令和2年9月2日に残業問題が起きた

 

令和292日 そこで問題が起きました。

ここからは、施設のフロアリーダーと僕との会話を再現していきます。

ほぼそのまんまの内容だと思います。

 

フロアリーダー
フロアリーダー
8月分の(派遣会社からの)申請を確認したら、時間の過ぎている日があったよ
龍馬
龍馬
はい、その日は残業をしたので残業代を申請しました
フロアリーダー
フロアリーダー
ハプニング時(利用者さんの入院等)以外は残業代出ないよ
龍馬
龍馬
え?そしたら申請した日は残業代出ないんですか?
フロアリーダー
フロアリーダー
残業にならないからね。出ないよ
龍馬
龍馬
では、どう頑張っても終わらない日とかはどうすればいいんですか?
フロアリーダー
フロアリーダー
それは龍馬君の要領が悪いってことでしょ?そんなこと言ったら皆残業して残業代がとんでもないことになるよ
龍馬
龍馬
でも、派遣会社に確認をとっていますよ
フロアリーダー
フロアリーダー
派遣会社は良くてもうちの施設がダメだから
龍馬
龍馬
そうしたら、ハプニング時以外の8月で残業した分も残業代が出ないってことですよね?
フロアリーダー
フロアリーダー
そうだよ。だってそんなこといったら皆だらだら仕事して、無限に残業代貰えるじゃん
龍馬
龍馬
あ、あぁ、そうなんですね。(派遣会社へ相談しよう・・・)

 

 

そんなやり取りを行いました。

 

正直、すごく困惑しました。

フロアリーダーはベテランの介護士でとても尊敬できる方です。親身になって仕事を教えてくださりました。

また、今までは施設内で不満に感じることはほとんどありませんでしたが、今回の件に関しては不満を感じました。

 

僕はあくまで『派遣会社』と契約をしている

 

今回の件はそもそも、労働基準法の前に『施設の契約違反』だと思います。

何故なら、僕が労働基準を契約しているのはあくまで『派遣会社』だからです。

施設側の勝手な判断で『残業の定義』を設けることはできません。

 

派遣会社からは、「残業をしたら15分単位で残業代を申請できる」と伺っています。

僕はそういう契約を『派遣会社』としています。

 

契約の仕組み

【僕】⇄【派遣会社】⇄【施設】

 

こんな契約になっているはずです。

この【派遣会社】を乗り越えて、【僕】【施設】で勝手にルールを設けることはできません。

 

また、残業をした後で、こういった話をするのは完全におかしいと思いました。

それなら最初に告げておくべきですよね。

もし仮にそうだとしたら、その契約をしている僕を定時で上がらせなければいけません。

それは施設側の義務であり、曖昧にしていい問題では決してありません。

 

この件については、すぐに派遣会社の担当者へ報告をしました。

 

 

⑶残業代が出ない状況を打破する解決方法を模索中:僕は真っ先に相談した

 

僕はすぐに派遣会社の担当者へこの事を相談しました。

 

何故なら、それが今の僕にとって最善だと思ったからです。

しかも結局のところ、労働基準の契約を交わしているのは派遣会社なわけなので。

 

まずは、派遣会社の担当者とメッセージでやり取りを行いました。

状況を簡単に説明し、後日電話で詳しく話すことに。

ですが、お互いの都合が中々合わず、今この記事を書いている9月7日では詳しい話をまだできていません。

予定としては僕の次の休み、98日の火曜日に話し合いを行います。

 

 

なので、派遣職員の方で同じ悩みを抱えている方がいれば、『派遣会社の担当者』へ相談をすることをおすすめします。

派遣職員ならば、それが最善策だと思います。

 

今後の流れを予想:結論この2つ

 

この問題はまだ解決しておらず、経過報告になってしまいます。

とはいえ、ここからの流れは2つだと予想しております。

 

①施設が変わる

②施設を変える

この2つです。

 

 

①施設の方針や考えが変わる

 

派遣会社の担当者が、施設へご指摘を行うと思っています。

その指摘が通り、施設の方針や考え方が改善されるパターンです。

 

そうなると、残業についての体制が変わる。

以後は【残業をさせない】or【残業代がしっかりと出る】ようになると思います。

 

このパターンが一番理想で、お互いにとって負荷がかからないパターンですね。

僕は、できることなら和解をしたいと考えております。

今回の件はあくまですれ違いでの問題。

しっかりと話し合えば解決できると信じています。

 

 

なので、お互いが納得して良い関係を続けていきたいと思っています。

このパターンが僕にとってはベストです。

 

 

②お互いが納得出来ず施設を変える

 

お互いの主張が納得出来なければ、必然として施設を変えるしかないです。

我慢して働き続ける選択肢は僕の中ではないです。

それほど深刻に受け止めているし、納得ができていません。

ただ、納得出来ないからといって、施設側を労働基準法違反で告発するつもりは今のところないです。

 

なので、お互いが納得出来なければ、割り切って施設の移動を決意すると思います。

 

 

派遣職員でない方はどうすればいいのか

 

派遣職員ではなく、施設に直接雇用されている方向けです。

そういった方は今回のやり方が適用できません。

なので、僕が考える最善のやり方は3つ。

 

①施設の管理者に相談する

②労働基準法違反で労働基準監督署に告発する

③思い切って施設を変える

この3つです。

 

 

①施設の管理者に相談する

 

自分の主張をぶつけて和解するやり方。

このやり方で解決できるのが理想ですね。

労働基準法の資料などを用意して、根拠付けの説得をしましょう。

 

 

②労働基準監督署に告発する

 

どうしても和解できない場合、労働基準法違反で労働基準監督署に告発もできます。

結構な手間にはなってしまいますが、納得出来なければ行動するしかありません。

 

この2つを参考にしてみてください。

→【労働基準監督署に告発したらどうなるのか?】

→【こんな場合に労働基準監督署への申告ができる】

 

 

③思い切って施設を変える

 

納得出来なければ仕方がないです。思い切って施設を変えましょう。

→【正社員・契約社員として施設を変える】

→【派遣職員として施設を変える】

 

⑷まとめ:残業代をもらうのは当然の権利です

 

残業をしているのに残業代がでていない今の状況、明らかにおかしいです。

そんな状況でも仕方がないと我慢せず、解決に向けた行動をしていきましょう。

そして、しっかりと残業代を請求していきましょう。

それは別に悪いことではなく、当然の権利だと思います!

 

また、そういった環境で我慢して働き続けているとストレスが溜まってしまいます。

精神的に良くないので解決したほうが良いです。

 

 

派遣職員で良かった

 

別に介護派遣を勧めるわけではありませんが、今回の問題に対しては介護派遣で良かったと心から思っています。

 

何故なら、派遣会社の担当者へすぐに相談ができ、解決に向けた行動を素早く行えるからです。

施設を移動するのも派遣職員なら簡単に行うことができますね。

 

 

今後どうなっていくかは正直わからないですが、解決に向けた行動を全力でやっていくつもりです。

仕方がないと我慢をすることだけは絶対にないです。

それほど、今回の件は僕にとっては深刻な問題だと考えています。

 

また、こういった問題が起こり続けていると、介護業界の衰退を招いてしまうのではと、少しだけ恐怖を感じています。

 

同じ境遇の方は一緒に頑張っていきましょう。

今回の記事は単なる経過報告なので、今後動きがあったら、またブログにまとめていくつもりです。

それでは、ありがとうございました。

 

 

おすすめ記事 介護派遣のメリットを10つ・デメリットを5つまとめました

おすすめ記事 介護派遣の登録方法!9つの手順で分かりやすく解説