介護士の実態

【新人】介護職員の20の悩み【僕も悩みました】

2020年 4月28日 更新

 

こんにちは 龍馬です。(@ryomakaigo)

 

『新人の介護職員で、職場に対して悩みが多々あります。その悩みを解決したいけど何をすればいいんだろう?』

『新人が何か悩んでいるようだ・・・何に悩んでいるかわからないなぁ』

 

そんな疑問に対してお答えできればと思います。

 

✔️本記事のテーマ

【新人】介護職員の20の悩み【僕も悩みました】

 

✔️新人介護職員の20の悩み

・1.理想と現実のギャップに苦しむ
・2.覚えることが多くてパンクする
・3.施設の方針が定まっていない
・4.職員によってやり方が全然違う
・5.教えてもらっていないことをいきなりやらされる
・6.上司からの嫌がらせが多い
・7.職員同士の仲が悪い
・8.職員による考え方、価値観の違いに戸惑う
・9.利用者に虐待紛いなことをしている職員がいる
・10.利用者との関係が上手くいかない
・11.認知症の対応ができない
・12.利用者と職員どちらを優先すべきかわからない
・13.仕事が思うようにできない
・14.早く覚ようとしてプレッシャーを感じる
・15.業務が多くて時間に追われる
・16.やり方がわからなくて腰を痛めてしまう
・17.排泄や入浴に抵抗感がある
・18.自分に向いてないと不安になる
・19.労働時間外で作業をさせられる
・20.ストレスがたまる

 

✔️記事の根拠や信頼

2020年4月、異業種から介護職に転職をしました。介護経験は約1ヶ月の新人です。

その1ヶ月間で僕自身、悩みや不安を少しですが感じました。

実際に僕が感じたことを元に、『新人介護職員はこんなことに悩んでいる。そしてその解決策は何なのか』

それらを考えていきます。

 

僕の経験談を踏まえて書いていきます。なので、実際の新人と多少のズレがあるかもしれません。

必ずしも新人はこうだ!そういうわけではありません。

 

また、この記事で書いてある事は、すべての施設で起きている事柄ではないです。

僕が働いている施設含む、一部の施設での出来事を書いています。

 

✔️僕から伝えたいこと

この記事は『介護職員になったばかりで不安や悩みがある。どうにかして解決したい』

また、『最近入った新人が何かに悩んでいる様子。新人の意見を知りたい』そんな方に向けて書いてます。

 

この記事を読むと『新人が抱えている悩みを網羅的に、悩みを減らすことができる解決策』これらを知ることができると思います。

 

『介護職を始めたばかりでつらいことが沢山、不安や悩みで辞めてしまう』こういった人を少しでも減らしたい。そんな思いがあって、この記事を書いてます。

 

 

目次

⑴新人介護職員の20の悩み(僕も悩みます)

 

初めての介護のお仕事。戸惑うことや不安が沢山あります。

実際、僕も色々と悩みました。ていうより、今も悩んでいることがあります。

その悩みを共有しつつ、新人が悩むであろう事をまとめていきます。

なので、全部が全部、僕が悩んできたことではありません。

 

・1.理想と現実のギャップに苦しむ

新人の介護職のイメージは様々だと思います。中には、華やかなイメージを持っている方もいるはずです。

テレビ等、一部ではそう報道しているからです。

ですが、実際は重労働だったり大変なことが多々ある様子です。

・華やかな仕事という理想
・大変でしんどいという現実

このギャップに苦しんでいる新人は、少なからずいると思います。

 

・2.覚えることが多くてパンクする

新人からすると覚えることが沢山ですね。

その量を整理できず、パンクする方も中にはいるはず。

 

・利用者の名前
・部屋番号
・仕事の流れ
・業務の内容
・介助の仕方

 

ベテランの方は当たり前にできる業務。

新人からすると、どれも初めての経験。1つ1つ整理して行く必要があります。

今現在の僕は多少なりとも慣れましたが、まだまだ覚えることは沢山です。

少し、しんどいと感じる時もあります。

 

・3.施設の方針が定まっていない

新人は施設の方針に従うのが精一杯です。

その方針が定まっていないと、混乱してしまいます。

 

・残業0!→普通にサビ残
・衛生面強化→至るところが汚れている
・感染症の対策徹底→マスクしてないスタッフだらけ
・人間関係を大切に→スタッフの中が悪い
・施設の目標がよくわからない

 

疑問に思いところが多々あると、それだけで不信感を抱いてしまうことも。

ほか職員は、その環境に慣れてしまっている場合があります。

ですが、新人は何もかも新鮮。ありのままを感じています。

不信感=モチベーションの低下に繋がる方は、多いんじゃないかと思います。

 

『新人なんだからその施設に従え!つべこべ言うな。』

そう思う方もいますよね。

ですが、いくら新人でも、そういった不信感は正直に感じてしまいます。

新人が心から嫌だと思ったら、その施設を去ります。介護職を嫌います。

 

・4.職員によってやり方が全然違う

5人の職員から教わって、全員やり方が違う。

どのやり方をすればいいんだ?そう思うことありますよね。

 

具体例

職員①から教わったやり方は、Aが正解
別日、そのやり方を職員②に見られる。Bが正しいと言われる。
「どうしてそんなこともできないんだ!」と、なぜか怒られる。

 

こういう状況は、職員の気付かない裏で、数多く起きていると思われます。

そのたびに新人は、不信感やストレスを生み出しているのが現状です。

僕が働いている施設でもこんな状況があります。職員によってやり方が全然違います。

 

『教わった環境が違うから仕方ないだろ!しかも、教えてもらう分際で文句言うな』

たしかにそうかもですね。新人は教えてもらう側。

ですが、施設内でのやり方は統一すべきだと僕は思います。

その方が、職員間のトラブルが少なくなるからです。

 

しかも、統一ができていないのは施設側の問題だと僕は思います。

統一ができていない施設では、新人からモチベーションを少なからず奪っています。

そんな現状、介護業界で人手不足が起こるのは当然ですよね。

 

そう言った教育の統一など、【新人が入りやすい】【新人がやりやすい】

そんな環境を作っていくのが、介護職員の役目だと自負しています。(まだ新人なので将来的には)

 

新人が思う、新人教育の【理想】はこんな感じです。

ですが現状、やり方の統一なんてできないことは、実際に働いている僕もわかっています。仕方のないことだとも思っています。

また、きちんと統一している施設も中にはあることも知っています。

 

新人は、教わったことを素直に吸収しようとします。

それが矛盾していると混乱してしまいます。

 

・5.教えてもらっていないことをいきなりやらされる

教育担当が複数人いる施設も、中にはあります。

そんな施設で起こるのが、新人教育の引き継ぎ忘れ。

引き継ぎ忘れが起こると、新人からすると『無理ゲーじゃん!』そういったことが起こります。

教わっていないことを、いきなりやらされるのです。

 

『教わっていないんだったら、しっかり言えばいいじゃん!』

そう思いますよね。

ただ、その場の雰囲気や状況で、しっかりと言えない人も中にはいます。

それで失敗してしまった後に、怒られるのは新人です。

ですが、その雰囲気や状況を作っているのは職場です。

 

僕個人的には、そういう状況は出来るだけ作って欲しくないと思っています。

言いづらい時もあるんです。引き継ぎちゃんとしてくださいなんて言えません。

どうしていいかわからないで落ち込む人もいます。

そういった新人は、介護が嫌になり辞めていきます。

 

僕が働いてる施設でも、やらされそうになった事はあります。

しっかり断りましたが。

 

・6.上司からの嫌がらせが多い

介護職を辞める理由で多いのが、人間関係で嫌になった。

上司から嫌がらせを受けて、嫌になる新人が少なからずいます。

業務を覚えるのに手一杯なのに、嫌がらせなんて受けたら、たまったもんじゃないですね!

 

『こんなの嫌がらせじゃない!本人を思って言っているんだ!』

全ては本人の感じ方次第です。本人がそう感じれば、それは嫌がらせです。

 

新人は必死なんです。覚えようにも覚えきれなくなり、自信を失う時もあります。

そういった新人に対して、イラつく気持ちもわかります。

ですが、少し大目に見てあげて欲しいです。

 

何もかもが初体験。混乱するし周りが見えなくなります。

そこで嫌がらせをしても、介護が嫌になり最悪辞めます。

人手不足が加速するだけなので、誰も得しないですね。

 

幸いなことに、僕が働いている職場では嫌がらせはないです。

働きやすい職場に感謝しています。

 

・7.職員同士の仲が悪い

目の前で喧嘩をする職員。気分が悪いと感じるはずです。

気まずくなり、不信感を抱きます。

 

『誰を頼ったらいいんだ〜』

そういった悩みが増えます。

 

新人が思うことは、出来ることなら職員同士仲良く、協力していって欲しい。

難しいし、自分勝手な意見なのは承知しています・・・

あくまで僕の理想です。

 

・8.職員による考え方、価値観の違いに戸惑う

・介護に対して熱い思いを持っている職員
・どうでもいいと思っている職員
・利用者に対して目上の方と思っている職員
・利用者は友達と思っている職員

 

働く職員も十人十色。様々な考えをもっています。

そんな価値観の違いに戸惑うことがたまにあります。

僕自身は、人それぞれでいいと思っています。

 

・9.利用者に虐待紛いなことをしている職員がいる

『利用者さんと良い関係を作れてきた!』

 

そんな矢先に、虐待紛いをしている職員を発見!

すごく嫌な気持ちになった。そんな新人もいるんじゃないでしょうか。

 

『先輩だし止める事はできない。どうしようもない・・・』

そうやって悩んでいる新人も中にはいると思います。

 

・10.利用者との関係が上手くいかない

介護職の醍醐味である、利用者さんとの関係。

 

『会話が下手くそで、うまく関係値を作れない』

『話したいけど、何話していいかわからない』

 

そう思う新人も少なくないと思います。

利用者さんに嫌われてしまって、モチベーションが保てない。

どう接すればいいかわからない。悩む・・・

 

僕自身も、「あれ?何話せばいいんだ・・・?」

そうなることもしばしば。

 

・11.認知症の対応ができない

介護未経験だと

『認知症?なにそれ?』

そういった新人も中にはいるはずです。

 

知識がないのに、認知症の方の対応なんて出来るはずがないですよね。

『どうやって話せばいいんだ・・・?』

なんて頭を抱えている新人もいるはず。

 

僕自身は、少しだけ認知症の予習をしていたので、お互い楽しく話せました。

それでも驚くことばかりでした!

 

・12.利用者と職員どちらを優先すべきかわからない

職員と利用者さん、どちらを優先すべきか悩む時があります。

 

具体例

職員に仕事を教わっている。ただ、利用者さんからお願いされた。
利用者さんのお願いを聞けばいいのか。無視すればいいのか・・・?

 

みたいな状況は多々あると思います。

状況がわかるようになればいいですが、新人は判断がつかないと思います。

 

・13.仕事が思うようにできない

介護ベテランの方は当たり前のように仕事をこなします。

それと比較して、思うように仕事ができなくて凹むことも。

自分を責めたり、自信を無くしてしまう新人は多いんじゃないでしょうか?

 

僕自身、思ったよりも仕事が上手くできなくて焦ったりもしています。

でもそんな時

 

『ゆっくりでいいよ。最初からできるはずないよ』

 

先輩職員からこんな言葉をいただきました。

そっか。大丈夫。頑張ろう。

そう元気をもらいました。すごく感謝しています。

 

・14.早く覚ようとしてプレッシャーを感じる

ずっと教わってるのも悪いし、早く一人前にならないと!

そうやってプレッシャーを感じ過ぎてしまう人いますよね。

焦ったりプレッシャーを感じすぎると、ミスや失敗が多くなってしまいます。

 

僕もプレッシャーを感じることがあります。

 

『急がないでいいよ。確実にやることが大事』

 

そうだよな。そう思い、落ち着きを取り戻しました。

 

・15.業務が多くて時間に追われる

日数が経ってくると、1人で仕事をする機会が増えます。

そんな時、中々時間内に終わらず、時間内に終わらない!

なんてことも。

 

やはり、慣れない作業だと、どうしても時間がかかってしまいますね。

最近僕も実感しています。業務が多くて時間に追われる・・・

 

・16.やり方がわからなくて腰を痛めてしまう

移乗介助、排泄介助をする機会が出てきます。

そんな時、やり方やコツを掴めないで行うと腰を痛めます。

腰が痛いと悩んでいる新人はいると思います。

 

僕も、最近仕事量が増えてきて、腰に違和感を覚える時があります。

 

・17.排泄や入浴に抵抗感がある

・オムツ交換の臭い
・入浴の時の裸体

 

抵抗感がある新人は多いと思っています。

『こんなのできない!』と嫌になるかもしれませんね。

僕も最初経験した時は抵抗感がありました。

少ししんどいとすら感じました。

 

・18.自分に向いてないと不安になる

・仕事が全然上手くいかない
・利用者さんとも上手く話せない
・人間関係も上手くいかない

 

自分にはこの仕事向いてないんじゃないか?

そう思って辞めてしまう新人は多少なりともいますよね。

右も左もわからず、判断ができない新人。

不安になってしまいますよね。

 

・19.労働時間外で作業をさせられる

『新人なんだから早く来るのは当たり前』

『休憩中もできる仕事してよ』


『終わらなかったら残ってやって』

 

今でもこういった文化がある施設。正直、意味不明です。

異業種から転職した人は 、特に思うことでしょう。

『時間外労働が当たり前ならやっていけない・・・』

そんな新人も数多くいるはずです。

 

『時間内に終わらなかったらやるのは当然だろ!新人が悪い!』

こういう意見もありますよね。

たしかに、時間内に業務が終わらないのは新人が悪いように思えます。

 

ですが、新人ができないのは当たり前。その管理をするのは職員の仕事。

管理ができていないんだから、仕事が残る。

代わりにやるのはその職員。

僕はそう思います。すいません、新人が言うことではないですね。

 

・20.ストレスがたまる

・覚えることが多い
・人間関係つかれる
・重労働でしんどい

 

最初はストレスが溜まってしまいますよね。

仕方がないことだと思います。

実際、僕自身もストレスに感じる事は多少あります。

 

 

⑵新人の僕が考えた解決策(実践しています)

 

解決策を考えていきます。

今現在、実践しているものもあります。

あくまで、新人の僕が考えたものです。

 

・1.理想と現実のギャップに苦しむ 解決策

①受け入れる
②辞める

 

究極この2択ですよね。

個人の感情になるので、解決策は特に思いつきませんでした。。。

 

ですが1ヶ月間、介護の仕事をしてみて思ったのが、

僕自身、理想と少し違った部分はあったけど、やってくうちに嫌なことも慣れていく。

こんな感じでした。

なので、ギャップに悩んでいる人も、一回受け入れてみる。

そうすることで徐々に現実に慣れていくと思いますよ!(良い意味で)

 

・2.覚えることが多くてパンクする 解決策

①鬼の復習をする
②教育速度の調節を要望する

 

この2択だと思います。

僕は①鬼の復習をしました。

そうすることで仕事が整理され、かなり気が楽になりましたよ!

 

・3.施設の方針が定まっていない 解決方

①受け入れる
②信用できる職員に相談
③納得できない事はその場で言う
④自分が成長して施設の方針を変える
⑤別の施設に移動する

 

受け入れて気にしないようにするのが、一番現実的ですね。

正直、施設全体で定まっていないと、相談したり言ったところで効果は薄いと思います。

どうしても我慢できなければ、移動するしかないですね。

http://ryomakaigo.com/working-environment/

 

・4.職員によってやり方が全然違う 解決策

①柔軟に立ち回る
②良いところを全部吸収
③疑問が出たらその場で質問
④施設のリーダーに相談

 

職員によってやり方を変えていく、柔軟に立ち回るのが一番平和ですかね。

また、やり方が違うって事は、いろんなやり方を学べるって事。

良いところを吸収していきましょ!

どうしても我慢ならなければ、リーダーに相談しましょう。

 

・5.教えてもらっていないことをいきなりやらされる 解決策

①納得できないところはその場で言う
②施設のリーダーに相談

 

我慢してなにもしないのは、絶対おすすめしません。

介護のお仕事は、利用者さんに危険が伴います。

できない事はできないとしっかり伝えましょう。

もし難しいようでしたら、引き継ぎをしっかりしていただくよう、リーダーに報告しましょう。

 

・6.上司からの嫌がらせが多い 解決策

①聞き流す
②信用できる職員に相談
③言い返す
④施設を変える

 

正直、聞き流すのはおすすめしません。ストレスが溜まってしまいます。

もしそういった状況なら、すぐに相談したほうがいいです。

それで解決しないのでしたら、いっそ施設を変えてしまうのもアリですね。

そういう施設だったと、割り切っていきましょう。

 

・7.職員同士の仲が悪い 解決策

正直、これを新人が解決するのは少し難しいです。

よっぽどのコミュニケーション能力がないとですね。

どうしても嫌なら相談ですね。

僕の場合、基本気にしないようにしています。

 

・8.職員による考え方、価値観の違いに戸惑う

①柔軟に立ち回る
②自分の考えをしっかり持つ

 

価値観は人それぞれです。

自分の考えをしっかりしておけば、誰になんと言われようがブレることはないです。

やってくうちに考えがまとまってくると思います。

 

・9.利用者に虐待紛いなことをしている職員がいる

施設のリーダーにすぐに報告しましょう。

自分でどうこうするのは難しいです。

絶対にイケナイことなので報告で。

 

・10.利用者との関係が上手くいかない 解決策

①利用者の特徴を覚える
②高齢者について勉強する
③伝え方について勉強する

 

これは自分で解決できます。

利用者の名前、顔、特徴を覚えます。

そして、利用者さんはどんなことで喜ぶのか、どう話せばいいのかを勉強します。

コミュニケーションの書籍があるので、書籍で学習するのもいいです。

1109円〜 日常会話でも使える本。僕も書いました!

 

http://ryomakaigo.com/user-be-liked/

 

・11.認知症の対応ができない 解決策

認知症について深く知れば大丈夫です。

これも書籍で勉強できます。

 

http://ryomakaigo.com/family-umanitude/

 

・12.利用者と職員どちらを優先すべきかわからない 解決策

その職員に聞いてみるのが一番ですね。

「利用者さんにお願いされてるので、行ってきていいですか?」

みたいな感じで。

あとは、やってくうちにどちらを優先するかが慣れていくと思われます。

ちなみに僕は、どちらかというと利用者さんを優先しています・・・

 

・13.仕事が思うようにできない 解決策

①鬼の復習をする
②無能な自分を受け入れる

 

最初だから出来ないのは当然だと思います。

なので、ひたすら復習をします。

あとは、一回できない自分を受けいれると、少し気が楽になるはずです。

あとは、出来ないところを復習ですね。

 

・14.早く覚ようとしてプレッシャーを感じる 解決策

①復習をする
②職員に相談をする

 

そこまで焦らなくてもいい気がしますね。自分なりに頑張っていけばいいと思われます。

あとは復習ですね。

それでも、しんどいんだったら相談して、仕事量を調整してもらいましょう。

 

・15.業務が多くて時間に追われる 解決策

出来るだけ1人で頑張ってみましょう。

そして、どうしても無理そうなら職員に相談しましょう。

そうすることで、仕事量の調整をしてもらえたり、手伝ってもらえたりするかもです。

 

・16.やり方がわからなくて腰を痛めてしまう 解決策

①職員に教わる
②YouTubeで学習
③腰のケアをしっかり
④コルセットなど購入

 

僕は、職員の方にしっかりと教わりました。それでも、腰に違和感がある時あります。

あと、YouTubeでも介助のやり方の動画がありますね。それをみて学習するのもありです!

しんどそうなら、コルセットの購入を検討してもいいかもです。

http://ryomakaigo.com/transfer-assistance-important/

 

・17.排泄や入浴に抵抗感がある 解決策

これに関しては一回受け入れたほうがいいです。

やってくうちに慣れていきます。

実際、僕もそうでした。数こなせば抵抗感が薄れました。

それでも厳しいんだったら、転職もアリかもですね。

http://ryomakaigo.com/diaper-exchange-stinks/

 

・18.自分に向いてないと不安になる 解決策

正直、最初から向いてないなんてわからないです。ある程度慣れてきた時にわかるものだと思っています。

しかも、いくらでも改善できる。そう思っています。

もし向いてなかったとしても、一回やりきってから、向いていなかったと諦めましょう。

 

・19.労働時間外で作業をさせられる 解決策

①リーダーに相談
②納得できないことは言う
③受け入れる

 

この3択ですね。

基本的に強制ではないはずです。

相談するのが無難ですね。

あまりにもひどいのであれば、その場で嫌だと言ってしまいましょう。

 

・20.ストレスがたまる

ストレスが溜まるのは仕方のないことかもですね。

ストレスが溜まったら、発散を心がけましょう。

自発的な発散が大切です。

http://ryomakaigo.com/careworkers-stress-relief/

 

○復習を徹底する
○リーダーに相談する
○信用できる職員に相談する

○職員に教わる
○納得できないことはその場で言う
○受け入れる。気にしないようにする
○会話、伝え方を学習する
○利用者について勉強する
○抵抗感は慣れるもの
○無能な自分を受け入れる
○ストレス発散を心がける

 

http://ryomakaigo.com/rookie-busy-but-enjoy/

 

以上です。

ザックリ書いてみました。

楽しく仕事ができる事を祈っています。

http://ryomakaigo.com/jobs-enjoy-ok/