介護士の実態

介護業界の実態が見えてきた気がする【実体験からまとめる】

2020年 5月11日 更新

 

こんにちは 龍馬です。(@ryomakaigo)

 

『介護業界のリアル、ガチの実態を少しでも多く知りたい!
信憑性がなく、建前だけで書いてあるサイトが多い。
なので、嘘偽りない本心や事実を元にした実態を知りたい!』

 

そんな疑問に対して、本心のみでお答えしていきます。

 

✔️本記事のテーマ

介護業界の実態が見えてきた気がする【実体験からまとめる】

 

✔️僕が思う『介護業界の実態』

『介護の仕事自体は楽しい。だけど、介護に関わっている一部人間の程度が低い。そのため、「仕事が楽しくない」「ハードルが高い」「介護職は底辺」
そんなイメージを植え付けてしまっている。それゆえ人手不足が加速している』

 

✔️目次

⑴介護業界の実態が見えてきた気がする
⑵介護業界の実態が垣間見れた
⑶介護業界は人手不足。その原因
⑷これから介護職を始める方に向けて

 

✔️記事の根拠や信頼

実際に、介護施設で働いている介護職員です。

2020年4月、異業種から転職しました。以前は会社員をしていました。

なので、まだまだ新人です。

 

Twitterでも介護のことについて、日々発信をしています。

介護関係者とのやりとりを、沢山見ることができると思います(@ryomakaigo)

そんな僕が

・実際の介護施設で経験した事
・Twitterを通して介護関係者とのやりとり
・25年間、僕が生きた中で体験した事全て

 

これを元にして『介護業界の実態』を僕が思ったままに、本心でまとめていきます。

 

勘違いしないでいただきたいのが、僕が体験して思ったことや感想になります。

『介護業界の実態』は絶対にコレ!

などと言うつもりは全くないです。そこだけ念頭に置き、見ていただければと思います。

 

✔️僕から伝えたいこと

この記事は『介護に興味があり、介護職員になろうか検討している。なので、介護業界の実態を少しでも多く知りたい』そんな方に向けて書いていきます。

 

なので、この記事を読むと『僕の実体験から思う【介護業界の実態】』を垣間見ることができると思います。

 

『これから介護職員になる方に対して、僕が経験してきたこと。それが少しでも、参考になればいいな』そんな思いでこの記事を書いています。

 

http://ryomakaigo.com/care-workers-1month-impression/

 

⑴介護業界の実態が見えてきた気がする

 

介護業界の実態。結論

 

『介護の仕事自体は楽しい。だけど、介護に関わっている一部人間の程度が低い。そのため、「仕事が楽しくない」「ハードルが高い」「介護職は底辺」
そんなイメージを植え付けてしまっている。それゆえ人手不足が加速している』

 

そう思います。根拠も書いていきます。

 

実際にやってみて、介護の仕事自体はとてもやりがいがあるし、楽しいものでした。

 

・利用者さんとのコミュニケーション
・職員との連携
・終わった後の達成感

 

とても素晴らしい仕事だと僕は思います。

しかし、一部の職員がそういった楽しい仕事をつまらなくしてしまっている。仕事をしづらい環境を作ってしまっている。

そう感じました。

 

根拠・理由

・実際に僕が勤めている施設でもある
・Twitterを通してそう感じる

 

程度が低いと感じる一部の職員

・感情的になりやすい
・沸点が低い
・罵倒を平気でする
・固定概念が強い
・時代に取り残されている
・思考停止で仕事をしている
・論理的に行動できない

 

以前僕は会社員をしていました。

その会社員時代と比べ、介護業界ではそういった程度の低い人間が多い。

そんな印象を受けました。Twitterを通してすごく感じました。

もちろん、常識や人間性がしっかりしていて、尊敬できる職員が沢山いることも事実です。

 

僕が勤めている施設にも、そういった職員が沢山います。Twitterでも沢山います。

ですが、そんな程度の低い人達がいるせいで

「仕事が楽しくない」
「ハードルが高い」
「介護職は底辺」

 

そんな悪いイメージを、新人や世間に植え付けてしまっている。

なので、新しい人材も集まりにくいし、離職率も高くなってしまっている。

それが今の、『介護業界の実態』そう僕は感じています。

 

 

⑵介護業界の実態が垣間見れた

 

https://twitter.com/ryomakaigo/status/1257153346961469442?s=21

 

このツイートを見て、もしかしたら勘違いされる方がいるかと思われます。

なのでここで補足します。

実際に僕の意見も述べていますが、訪問介護が下という事実は全くないです。

Twitterで見かけたのと、僕の知人が言っていただけです。

リプで経験者の方から回答がありました。むしろ訪問介護のほうがスペシャリストで、難しいとのこと。

 

また、このツイートをブログで公開して、不愉快に思われる方がいると思います。

その方には大変申し訳ないです。

ですが、このツイートを通してお伝えしたいことがあります。

 

このツイートに対して、たくさんのリプをいただきました。

『ご指摘』『共感』『罵倒』本当に色々。

リプをくださったのは、ほとんどの方が介護関係者でした。

介護関係者が多い中、僕に対しての誹謗中傷的なリプが多かったです。

それに対して僕が思ったことを本心でまとめていきます。

 

もちろん僕の不甲斐なさはあった

僕の『表現方法』が不甲斐ないばかりに、沢山の方に不愉快な思いをさせたり、勘違いをさせてしまいました。

そのことについて、大いに自覚をしており反省もしています。今後はこのような発言を見直しいこうと思いました。

 

けれど、自分がそのような発言をしたことで、介護関係者から沢山の誹謗中傷を受けました。

 

https://twitter.com/ryomakaigo/status/1259679417518813184?s=21

 

「アホ」
「お前は介護やめろ」
「向いてないんだよ」
「やっぱりコイツだめだ」
「発信やめろよ」

 

被害者ぶるつもりは全くないですが、これを見て一瞬心が折れそうになりました。

そして僕はこう思いました。

 

「これが介護業界の実態なのでは?」

 

Twitter上では、介護関係者だけのコミュニティが数多くあります。

介護施設内・現場でも同じですね。コミュニティ化されています。

現場で新人が『表現方法』『仕事のミス』をした時、同じような状態が起きてると容易に想像ができました。

 

・感情的に怒る
・コミュニティ全員で総叩き
・誹謗中傷をする

 

そんなことを、新人の介護職員に対してやっているのだと。

そんなことをされたら新人は辞めますよね。

その繰り返しで残ったのが古参職員ばかり。そして悪いイメージから新規は少なくなる。

その古参職員の人間性こそが、介護業界に対して『深刻的な問題』を起こしているのだと。

今回の件を通して、そう感じました。

 

その問題について、大多数の職員は自覚していないのかもしれません。

 

 

なので、今回のツイートの件。

僕の不甲斐なさがありました。被害者などと、思うつもりは微塵もありません。

ですが、あまりにも感情的に批判する人が多いと感じられました。

明らかにアンチの方、下に見ている方が多かったです。

中には、論理的に指摘してくれている人。アドバイスをしてくれている人。

そういった人がいるのも事実です。

それら全部を含めて、これが介護業界の実態だと感じました。

 

 

⑶介護業界は人手不足。その原因

 

(平成30年度 介護労働実態調査結果)より引用

 

(平成30年度 介護労働実態調査結果)より引用

 

介護業界は人手不足。データを見るとわかると思います。

現に、僕が勤めている施設でも人手が足りていません。

その人手不足の原因。僕の意見をまとめていきます。

 

原因は『老害職員』

原因はやはり『人間関係』だと思います。

ただ、この『人間関係』が原因と聞いても抽象的すぎてよくわかりません。

 

なのでこれを深掘りすると

 

『一定数の老害職員が、新人を排除している』

 

これが原因だと思います。

 

老害とは?

自分が老いたのに気づかず(気をとめず)、まわりの若手の活躍を妨げて生ずる害悪。

 

介護業界は、一つの施設に長く止まる人が多いとよくお聞きします。

その中でも、時代に置いてかれている人が一定数いると思われます。

今の時代、考え方や生き方が多種多様になりつつあります。

その考えや働き方に合わせることができず、『介護とはこうであるべき!』

 

などと、若手を排除しているのが人手不足の原因だと推測しています。

先程のツイートで、誹謗中傷をしていた方もこの老害職員に入るかもしれません。

もちろん、長年介護に携わっている方々が、介護業界を支えているのは事実だと思います。長年介護をやっている方でも、素晴らしい方は沢山います。

 

これはあくまで、僕の経験を元にした推測です。

 

例:実際に僕が勤めている施設

介護の仕事自体はとても楽しいです。

ですが、その楽しい土台に職員との人間関係があります。

僕が勤めている施設内には、老害職員が比較的少ないと思われます。

老害職員が少ないからこそ、仕事を楽しめているんです。

 

ですが、感情的になりやすい職員もいます。

悪い人では決してありませんが、その職員と一緒の時は仕事がやりづらいと感じる時もあります。

同じ仕事内容でも人間関係によって、感じ方が変わってくると実感しています。

 

http://ryomakaigo.com/staff-good-person/

 

⑷これから介護職を始める方に向けて

 

今回、介護業界の実態を僕なりの見解でまとめました。

実際問題、ツイートを見ていただければ分かりますが、介護関係者でこういった考え方の方は一定数います。

施設によってはコミュニティが出来上がっていて、新人は働きづらい環境かもしれません。

 

ですが、介護の仕事自体は楽しいです!

 

人間関係の問題だけで、この仕事を辞めるのはとても勿体無いと思います。

なので、もし老害職員ばかりの施設に入ってしまった場合。

介護が嫌になる前に、施設の移動を検討した方がいいと思います。

 

介護施設は全国に沢山あります。

色んな施設を経験するのもアリだと思います。

 

僕が勤めている施設では、そういった老害職員が比較的に少ないです。

尊敬できる素晴らしい職員が沢山います!

なので毎日仕事を楽しめています。

 

自分に合った施設を探していけば、自分が求めている介護を見つけられるはずです!

 

https://twitter.com/ryomakaigo