介護士新人

新人介護士の『つらい時期』を乗り越える具体的な方法5つ【簡単】

2020年 91日 更新

 

こんにちは 龍馬です。(@ryomakaigo)

 

新人介護士の皆様、こういったつらい悩みはありませんか?

  1. 『人間関係』が上手くいかなくて仕事がやりづらい
  2. 体に過度な負担をかけてしまい『腰痛』になってしまった
  3. 『排泄介助』の臭いや光景に抵抗感がありまくる
  4. 利用者さんの名前と特徴を『覚えられない』
  5. 仕事の『上達感』が一向に見えてこない

 

悩む人
悩む人

こういったつらいことがあってしんどい・・・

どうすれば新人のつらい期間を乗り越えられるんだろう?

 

そう思いませんか?少なくとも僕はそうでした。

介護職を始めたばかりの頃、こういったことに悩みを抱えていました。

 

新人で辛いのはあなただけではありません!

新人時代は、辛いことやしんどい事の連続です。

おそらく大多数の方は、そういった思いがあると思います。

 

なのでこの記事では、先ほどの5つの悩みに対して改善策をまとめていきます。

 

 

☑️龍馬という人物

今現在、介護職を派遣でやっています。

今年の4月、無資格・未経験で会社員からの転職です。

施設は従来型の特養で勤務しています。

まだまだ新人の僕ですが、最近は業務に慣れてきて楽しいことばかりに。

僕も始めたばかりの頃は、辛いことやしんどいことが沢山ありました。

ですが、それらつらいことをなんとか乗り越えて今現在も介護職を続けられています。

 

 

新人介護士の方々、こういった『つらい事』ありませんか?

・人間関係が上手くいかない
・腰に痛みを感じる
・排泄介助に抵抗感がありまくる
・利用者さんを覚えられない
・仕事の上達感が一向に見えてこない

僕も最初の頃そうでしたが、相談や対策をする事で解消された☺️
今では仕事が毎日楽しい😌

 

以前の自分も同じ様な悩みを抱えていたので、過去の自分に向けて対策を書いていきます。

それではいきましょ!

 

 

⑴介護職新人の『つらい時期』を乗り越える具体的な方法5選

 

結論、こんな感じです。

  1. 『人間関係』施設長やフロアリーダーに相談する
  2. 『腰痛』今からでもできる腰痛ケアを全力でやる
  3. 『排泄介助』徐々に抵抗感が薄れ慣れていくので大丈夫
  4. 『覚えられない』ひたすらメモして家で清書しよう
  5. 『上達が見えない』家で復習をしよう、先輩職員に聞こう

 

これらは実際に自分自身が取り組んだ対策です。

その結果、ほとんどの悩みは解決できました。つらい新人時代を乗り越えることができました。

 

 

①『人間関係』施設長やフロアリーダーに相談する

 

悩む人
悩む人
人間関係が上手くいかなくて仕事がやりづらい

 

A.そんな場合は『相談』することをオススメします。

何故なら、自分一人で解決するのは困難な場合が多いからです。

 

相談することで解決できる可能性が高まります。

・間接的になんらかの指導や注意が入る

・自分のポジションを確保できる

・気持ちを知ってもらうことで距離感が近くなる

・相談することで心が軽くなる

 

まずは、相談することでリーダーや先輩職員と良い関係値を築きましょう。

そうすることで、他職員とも接しやすくなると思います。

 

僕自身がそうでした。

ぶっちゃけ、自分と合わないと思う職員がいました。

自分の意見を言っても否定され、何をやるにもその先輩職員の目を気にしすぎてしまう。

そんな感じでした。

 

ですが、他職員に相談したことによって

『僕が今どんな気持ちなのか』

『その職員が何を思って接していたのか』

それらを明確にすることができ、良い信頼関係を築くことができました。

 

人間関係が上手くいかないのは、お互いのことを知らなさすぎるんです。

もっとお互いに歩み寄り、思いやれることで解決する場合が多いです。

 

②『腰痛』今からでもできる腰痛ケアを全力でやる

 

悩む人
悩む人
体に過度な負担をかけてしまい腰痛になってしまった

 

A.今日から腰痛ケアを全力でやってください

これは僕からのお願いです。腰痛ケアを全力でやってください!

何故なら、体は最大の資本だからです。仕事よりも大切なことです。

また、介護職を続けるにも、体は健康でなければいけません。

 

✔️腰痛ケアの方法

  • 毎日お風呂に浸かる
  • 入浴後のストレッチ
  • 入浴中のマッサージ
  • 整体枕を使う
  • 整体院に通う

 

この5つです。特に上3つ。

これらの改善ケアは、実際に僕が繰り返し行なったものです。

毎日毎日、腰痛ケアを取り組んだ結果、腰痛は嘘の様に改善されました。

 

とはいえ、すぐに改善できるものではないです。

毎日の積み重ねが効果を生みます。今日から毎日取り組んでいきましょう。

 

【実体験】腰痛を改善するためのおすすめな方法5選:実際に効果アリ腰痛を改善するおすすめな方法を知りたいですか?この記事では、実際に僕が2ヶ月間試してきた方法を5つ紹介します。それらの方法を継続することで、腰痛が改善できているのを実感。全員に効果があるわけではありませんが、改善効果がきっと見込めるはずです。腰痛改善をしたい方は、是非読んでみてください。...

 

③『排泄介助』徐々に抵抗感が薄れ慣れていくので大丈夫

 

悩む人
悩む人
排泄介助の臭いや光景に抵抗感がありまくる

 

A.それは今だけですよ。

今は排泄介助の臭いや光景が辛いかもしれないです。だけどそれは今だけ。

何故なら、徐々に抵抗感が薄れ慣れていくからです。

また、日を増すと排泄介助の際に考えることが増えるので、臭いなんて気にしなくなったりします。

 

僕も初めは相当しんどかったです。

排泄介助するだけで冷や汗をかき、あまり嗅がない様にしていました。

抵抗感がすごくあった僕ですが、23週間で慣れました。

今では、ほぼ気にならなくなりましたし、利用者さんと近くで関われる業務なので楽しみだったりします。

 

今現在、不安や悩みがあったとしても大丈夫ですよ!

時間が解決してくれるはずです。

 

→最初はつらかったけど、抵抗感が徐々になくなってきた話【介護職23日目】

 

④『覚えられない』ひたすらメモして家で清書しよう

 

悩む人
悩む人
利用者さんの名前と特徴を覚えられない

 

A.メモ&復習をしよう

覚えるためにはひたすらメモをとり、家で復習をしましょう。

それが一番の近道だからです。

 

大変なのは最初だけ。

仕事中はメモ帳を常に持ち歩き、家ではその内容をノートに清書しましょう。

いつでも見返せるし、効率的に記憶することができます!

 

沢山の利用者さん、職員、初めての仕事。

それらは覚えることが多く、僕も苦戦をしました。

なので、メモをして家で清書をして復習を繰り返しました。

その結果、なんとか覚えることができました。

 

⑤『上達が見えない』家で復習をしよう、先輩職員に聞こう

 

悩む人
悩む人
仕事の上達感が一向に見えてこない

 

A.家で復習して、わからないことは先輩に聞こう

仕事を上達させるには復習がマストですね。

よっぽどの天才であれば必要ありませんが、僕は惜しくも凡人だったので復習をしました。

また、わからないことはすぐに先輩職員に聞きましょう。

 

介護職において、無知は危険に繋がります。

必ず確認して、メモや復習に繋げましょう!

 

周りの先輩職員はみんなベテランで、簡単そうに介護をしています。

だからこそ、自分がちっぽけに見えたり

龍馬
龍馬
なんでこんなこともできないんだ・・・

そう悲観してしまいがちです。

 

ですが、新人の頃はみんな同じです。

それをどう乗り越えるかが問題なだけです。

なので、復習を怠らず、わからないことは先輩にすぐ聞いてメモするだけ!

 

 

⑵まとめ:仕事のつらさは環境によっても変わる

 

以上、新人のつらい時期を乗り越える5つの方法でした。

①『人間関係』施設長やフロアリーダーに相談する

②『腰痛』今からでもできる腰痛ケアを全力でやる

③『排泄介助』徐々に抵抗感が薄れ慣れていくので大丈夫

④『覚えられない』ひたすらメモして家で清書しよう

⑤『上達が見えない』家で復習をしよう、先輩職員に聞こう

 

僕はこれらの方法を繰り返し取り組んだことで、なんとかつらい時期を乗り越えることができました。

今では毎日楽しく介護の仕事ができています!

 

また、良い人間関係を築くには、ある程度の技術や知識が必要になります。

この本は、著者のように回り道をしなくても魅力的なコトバを最短でつくれるよう構成してあります。
聞く気がない、勝手に早とちりする、知ったかぶり……話が伝わらない相手に共通する諸問題を解決し、注意を自分へ向けさせるにはどうすべきか。究極の「対話力」を身につけ、人づきあいの悩みを解決する方法を伝授。

 

ただ、僕が紹介した方法。

これらは100%効果があるものではありません。

もちろんですが個人差があります。

何より、職場環境によって左右されてしまいます。

 

どんなに自分自身が頑張って対策したとしても、どうにもならない場合があります。

全てを否定され、雑に扱われいじめにあったり。。。

そういう悪質な施設や職員がいるのも事実。

 

僕が思うに、その様な環境でいくら頑張っても得るものは少ないです。

自分にあっていない環境だと思った場合、我慢せずに行動してください。

 

✔️僕が考えられる方法

  • 施設を変える
  • 転職する

 

この2つです。

これらは自分自身で見極め、決断してください。

決してお勧めできるものではありません。

ですが、悪いことでもありません。

 

もしそういった環境で、自分だけで変えるのは難しい場合。

まずは自分を大切にしてくださいね。

無理に頑張って、消耗し続けても意味なんてないと思っています。

介護を続けたいのであれば施設を変えてみてください。

介護が嫌になってしまったなら、転職してみてください。

 

どうしても無理な場合、合わない場合があるのも事実です。

無理せず楽しんでくださいね。

 

施設を移動するなら派遣が楽ちんです。

介護派遣への登録方法!

 

転職の方法は色々あります

リクルート:リクナビnext

 

 

以上です。

ありがとうございました。

 

おすすめ記事 介護派遣のメリット・デメリットを詳しく解説【実体験】

おすすめ記事 派遣職員の月収を全て公開します【悪用厳禁】