介護士の実態

介護職の『スケッター』とは。やる意味や理由:結論、成長に繋がる

2020年 721日 更新

 

こんにちは 龍馬です。(@ryomakaigo)

 

介護職のスケッターというサービスを噂で聞いた。

よくわからないから概要をまとめて欲しい。

あと、ボランティアとかスケッターってやる意味あるの?

そういった疑問に対してお応えしていきます。

 

僕は無資格・未経験で介護を始め、約3ヶ月ほど介護職を経験しています。

ですが、まだ1つの施設でしか介護職を経験していません。

なので、この『スケッター』を使って色んな施設で様々な経験をしたい、と考えています。

このサービスについて調べていくと、自分にとって魅力的なサービスだと推測。

 

そして、早ければ今月(20207月)から『スケッター』をやってみようと考えています!

 

そんな感じで、『スケッター』をやろうとしている僕が、概要とやる理由についてまとめていきます!

 

 

スケッターについて勉強中

すごく興味深いサービスですね

資格がなくても様々な業務に関われる

良い経験になりそう

介護に興味がある方の入り口にはもってこいですね

『ながいきチャンネル』さんが、スケッターの動画を出されているので、その動画を見ながら勉強中

 

 

⑴介護職の『スケッター』とはどういったサービス?:結論、手軽に経験が積める

 

結論、介護に関する業務の経験や挑戦が、手軽にできるサービスです。

 

ただそれだけだと、あんまりイメージが湧かないと思います。

なので、『スケッター』という言葉を最近初めて知った。そういった方向けにも、概要をざっくりとまとめていきます。

 

「スケッター」とは、すきま時間を活用して働きたい、スキルをシェアしたい、という方々と 、人手を必要としている介護施設をマッチングするサービスです。

「私も何か人に喜ばれることがしたい」

「でも、何をしたらいいのかわからない」

そんな風に思っていませんか?

実は、介護施設では「介護」以外の仕事もたくさんあり、それをすべて介護職員さんが行っています。

お話相手や食事の準備、お掃除、IT業務

専門的な知識がなくても出来る、ほんの少しのお手伝いで、大きな笑顔が生まれる事はたくさんあるのです。

あなた の温かい気持ちとスキル、介護施設で活かしてみませんか?

 

公式HP引用 『スケッター』公式HPはコチラ

 

簡単に言えば、介護の経験や挑戦が手軽にできるよ!というサービス。

いろんな施設で働くことができ、様々な業務にたずさわることができるのです。

 

また、本格的な介助をすることがないので、未経験の方や無資格の方でも安心してご利用できます。

 

  • レクリエーション
  • リネン交換
  • 配膳のお手伝い
  • 調理のお手伝い
  • 散歩のお手伝い
  • ご利用者の話し相手

 

介護には興味があるけど・・・
「今の施設だけでは経験できることが限られていて・・・」

 

そんな方に向けて、手軽に短時間だけの体験ができるサービスです。

『Uber Eats』 の介護版 などとも言われていますね。

 

 

『スケッター』について、『ながいきチャンネル』さんが動画で説明しています。

『ながいきチャンネル』さん引用 チャンネルはコチラ

 

 

⑵介護職の『スケッター』をやる意味や理由:結論、成長に繋がる気がする 

 

ここまで読んでいただいた方。『スケッター』というサービスをざっくりと理解できたと思います。

 

『スケッター』についてある程度は理解できたけど、やる意味あるのかな?

ただ、そう思いますよね。

なので、その『スケッター』をやる意味や理由をまとめていきます。

 

 

今現在の僕は、『スケッター』をやってみようと考えています。

その理由は、このサービスを通して色んな施設で様々な仕事をすることができる。

それは自分にとって、すごくプラスになると考えているからです。

 

『スケッター』というサービスを活用することで、介護に関する様々な業務を経験することができます。また、挑戦ができます。

 

  • 調理の手伝い
  • テラスでのコンサート
  • 人工呼吸器をつけた方の散歩の手伝い

 

これらは、一つの施設に長年勤めていても、経験できないことだったりします。

施設によりけりになってしまいますが、少なくとも僕の場合はそうです。

 

今までやったことがない業務というのは怖いと思ってしまいますよね。

そしてそれ自体が、自分への挑戦だったりします。

上手くいくかわからない、大変だと思う・・・

それらの挑戦経験を取り組んでいくことで、自分自身の成長に繋がる気がします

 

介護職をもっと知りたい!

もっといろんなことを学びたい、吸収したい、成長したい!

 

そう感じるのでしたら、やはり挑戦経験が必要になっていきます。

それらを気軽に体験できる。

それが 『スケッター』 なのです!

 

「色んな経験が大切なのはわかったけど、同じ施設で長く働くのも大事でしょ?」

 

確かにそうですね。僕もそう思います。

同じ施設で長く働くことで、初めて見えてくる事もあると思っています。

なので僕の場合、今の施設で働きながら休みの日にスケッターをやろうと考えています!

スケジュール的に少しハードになってしまいますが、それが成長への近道だと思っています。

 

なので、『スケッター』を通して色んな施設で様々な業務に関わることができる。

それが自分自身へのプラスになり、成長に繋がると思っている。

だからこそ、『スケッター』をやってみたいと今現在考えています!

 

 

⑶まとめ:『スケッター』をやるか迷っているなら1回やってみよう!

 

スケッターについての概要と、スケッターをする理由についてまとめていきました。

 

スケッターとは、手軽に介護に関する経験や挑戦に取り組むことができるサービス。

それを通して、自分自身への成長に繋げることができる気がする。

なので、僕はこのスケッターというサービスをやってみたいと思った。

 

ここまで読んでいただい方で、少しでも『スケッター』に興味が湧いた方いませんか?

もしいるんだったら、一回だけでもやってみたほうがいいと思います!

とりあえず1回だけやってみて、自分に合っていない、ダメだと思ったらやめればいいだけだからです。

 

僕も正直、『スケッター』というサービスが良いか悪いかなんてわかりません。やるか迷ったりもします。

ただ、自分にとって何もプラスにならなかったとしても、それがまた経験になります。

そして、興味があることはやってみてから後悔した方が絶対に良いです。

 

なので、とりあえず1回やってみて、それからまた考えてみるつもりです。物は試しです。

自分にとって良いと思ったら続ければいいだけです。

 

 

『スケッター』に興味がある方、ぜひ一度やってみませんか?

『スケッター』公式HPはコチラ

 

この記事を通して『スケッター』を知っていただき、いろんな方が介護職に興味を持ってくれればと思っています。

介護の仕事は大変だけど、楽しいことがいっぱいあります。

それを知っていただきたくて、この記事を作成しました。

 

それでは、ありがとうございました!

 

 

YouTubeでも『スケッター』について話しています。

 

 

おすすめ記事 会社員から介護職に転職して給料がガツンと下がった:だけど良い理由