Webライティング

【簡単】ブログやWebライターでペルソナ設定する方法:作り方を3ステップで解説

【簡単】ブログやWebライターでペルソナ設定する方法:作り方を3ステップで解説
  • ブログやWebライターでペルソナ設定ってどうやるんだ?
  • そもそもペルソナってなんのこと?ゲーム?
  • ペルソナ設定する意味あるの?時間の無駄でしょ...

そんな悩みや疑問にお応えします。

 

ブログやWebライターで記事執筆をする際、ペルソナ設定していない人がいるかもしれません。

しかし、Webライティングにおいてペルソナ設定は超重要なので、絶対に行うべきです。

というかペルソナ設定しないと、読者満足度の高い記事は100%作れません。

 

本記事の内容
  1. ペルソナ設定とは?『架空の読者像を決めること』
  2. ペルソナの作り方:①過去の自分・②特定のあの人
  3. ペルソナ設定の手順:①キーワード選定・②読者像を明確・③悩みを聞き出す
  4. 設定したペルソナの「正解」を確認する方法

 

龍馬
龍馬
約1年のWebライターを経て、ペルソナ設定の重要さに気づけました!

この記事では現役Webライターの僕が

  • 駆け出しWebライターでペルソナがよくわからない
  • 読者に刺さる質の高い記事を作成したい

そんな人に向けて解説します。

 

この記事を読めば、今日から読者にとって最高の記事を作れるようになるでしょう。

 


1.ペルソナ設定とは|架空の読者像を決める

1.ペルソナ設定とは|架空の読者像を決める

ペルソナ設定とは、架空の読者像を決めることです。

「誰が」その記事を読むのか明確にすることで、読者に刺さる内容が書けます。

読者に刺さる=読者の悩みを解決できる

 

逆にペルソナ設定していない場合、誰にも需要のない「ぼんやりとした記事」になってしまいます。

そのため絶対にペルソナ設定しましょう。

 

ペルソナ設定する意味
  • 読者の奥深くにある悩みを聞き出せる
  • 他の記事にはないコンテンツを生み出せる
  • 読者の検索意図が明確になる

 

本来、ペルソナ設定はマーケティングに使われる用語で、顧客満足度を高める効果がある。

 

1−1.ターゲットとペルソナの違い

ペルソナと似た用語で「ターゲット」があります。

似ているようで意味が少し違います。

 

  • ターゲット=30代男性など(幅広い層)
  • ペルソナ=特定のあの人(具体的な人物)

 

1−1.ターゲットとペルソナの違い

 

2.ブログやWebライターにおけるペルソナの作り方

2.ブログやWebライターにおけるペルソナの作り方

ブログやWebライターでは、詳細な設定は必要ありません。

 

ペルソナの作り方
  1. 過去の自分
  2. 特定のあの人

この2パターンだけで十分です。

1記事に対してどちらか一方を設定します。

1記事=ペルソナは1人

 

例えば下記のような感じでペルソナを決めます。

1年前の自分
  1. Webライティングを始めたばかりで基本的なことしかわからない
  2. これからWebライターをやりたいと思っているけど始め方がわからない
前の職場の後輩
  1. 副業でお小遣いを稼ぎたいけど何から始めればいいかわからない
  2. Webライター?なにそれ?言葉すら知らない

 

上記のように状況や性格が違えど、明確にイメージできる2パターンをペルソナとして設定します。

「特定のあの人」は普段から関わりを持っている人が良い。

顔がすぐに思い浮かび、目の前で会話できるくらい明確な人がベストです。

 

ちなみにこの記事のペルソナは1年前の自分。

「ブログを始めたばかりでペルソナ設定のやり方がわからない...。」

「詳しく説明してくれる人いないかな〜?」

『ペルソナについて何も知らない1年前の自分』に向けて、この記事を書いています。

 

2−1.ペルソナ設定を目的にしない

ペルソナ設定する人
ペルソナ設定する人
わかった、ペルソナ設定をすればいいんでしょ?年齢は...職業は...性格は...etc。

確かに、マーケティングのペルソナは細かく設定するべきといわれています。

それ自体は間違いではありません。

しかし、ペルソナ設定すること自体を目的にしては意味ないです。

龍馬
龍馬
ペルソナ設定の本質からズレています。

 

ペルソナ設定の本質とは、架空の読者を会話できるほど明確にイメージすることです。

設定すること自体が目的ではなく、読者を明確にイメージしてその読者の悩みを具体化するのが目的なのです。

ペルソナ設定すること自体を目的にしない。

 

とはいえ、どうしてもイメージできない人もいるはずです。

そんな場合はテンプレートを使って慣れましょう。

以前僕が使っていたテンプレート

性別:

年齢:

趣味:

職業:

家族構成:

将来の夢:

日常生活:

性格:

悩み:

検索のきっかけ:

あくまで本質は『読者を明確にすること』なので、慣れてきたら『①過去の自分②特定のあの人』で設定してくださいね。

 


3.ペルソナを設定する3つの手順【簡単】

3.ペルソナを設定する3つの手順【簡単】

ペルソナを設定する手順は下記のとおりです。

  1. 狙うキーワードを決める
  2. 読者像を明確にする
  3. 悩みを聞き出す

順番に解説します。

 

3−1.狙うキーワードを決める

記事を書く際は狙うキーワードを決めましょう。

キーワードを意識しないと読者に刺さる的確な記事が書けません。

またGoogleから評価され、検索順位が上がりやすくなります。

 

狙うキーワードの決め方は下記動画を参考ください。

引用:ウェブ職TV / なかじ

 

キーワード選定についてはこちらでも解説。

ブログやWebライティングにおける記事構成案の作り方:今すぐ可能な5つの手順
ブログやWebライティングにおける記事構成案の作り方:今すぐ可能な5つの手順ブログやWebライティングでの記事構成案の作り方を知りたいですか?この記事では、完読につながる記事構成5つの手順、3つの注意点を解説します。読者の悩みを解決できる有益な記事を作成したい人は、ぜひ本記事をご覧ください。...

 

3−2.読者像を明確にする

狙うキーワードが決まったら、そのキーワードを検索しそうな読者像を明確にします。

ペルソナの作り方
  1. 過去の自分
  2. 特定のあの人

上記のどちらかに近いほうを選択します。

 

例えば「リード文 書き方」のキーワードであれば、

Webライター駆け出しの頃、編集者からリード文の書き方を注意された『8ヶ月前の自分』

上記のような感じで読者像をイメージします。

 

この際、多少の事実は捻じ曲げてOKです。

  • 職業だけを変えた過去の自分
  • 身近な友人の未来の姿
  • もしこんな悩みを抱えていたら...

人物そのものをペルソナにするのがベストですが、ガッチリ当てはまらないこともあるので。

 

架空の読者像が決まったら目の前に座ってもらいましょう。

※あくまでイメージです。

検索窓にキーワードを打ち込んでみると読者の気持ちが想像できる。

 

3−3.悩みを聞き出す

架空の読者像がイメージできたら悩みを聞き出しましょう。

  • どんな悩みを抱えているのか
  • 何に困っているのか
  • 何が知りたいのか

目の前で会話して順番に聞いていきます。

 

本記事はこんな感じです。

架空の読者
架空の読者
最近Webライターを始めたばかりでペルソナ設定がよくわからなくて...
龍馬
龍馬
確かに最初は難しいよね。ペルソナは架空の読者像のことだよ。
架空の読者
架空の読者
架空の読者像?設定する意味あるの?

 

上記のように脳内で会話しつつ、その悩みをひたすらメモ書きしていきます。

読者の悩みを具体化できれば、あとはその悩みに沿って記事を執筆するだけです。

 

執筆の手順はこちらを参考ください。

→『Webライティングの執筆手順をすべて解説』

 

4.設定したペルソナの「正解」を確認する2つの方法

4.設定したペルソナの「正解」を確認する2つの方法

記事を書いて終わりではありません。

「設定したペルソナが本当に正解だったのか」を確認しましょう。

  1. 本物の読者に確かめる
  2. 順位チェックツールを使う

それぞれ順番に見ていきましょう。

 

4−1.本物の読者に確かめる

実際に存在している「特定のあの人」をペルソナにした場合、本物の読者に記事の感想を聞きましょう。

電話やチャットでもいいですが、できれば実際に会って聞いてください。

目の前で表情や声の高ぶりを確認できるからです。

 

実際に会って確認すること
  • 文章は読みやすいか
  • 悩みは的確なのか
  • その悩みは解決できたのか

上記を直接聞き出すことで、ペルソナ設定の答え合わせになります。

表情や感想をしっかり覚えておき、次の記事執筆に役立てましょう。

 

4−2.順位チェックツールを使う

順位チェックツールを使うことで、ペルソナ設定が正しかったのか確認できます。

検索順位は答えそのものだからです。

Webライターの場合は例外ですが、ブログ記事を執筆した際は検索順位を確認しましょう。

検索順位が安定するには3ヶ月ほどかかる。

 

順位チェックツールは「RankTracker」がオススメです。

詳しくはこちらを参考ください。

→『【結論】SEO検索順位チェックツールなら、 RankTrackerが神』

引用:manablog

 


5.まとめ:執筆前に必ずペルソナを設定しよう

5.まとめ:執筆前に必ずペルソナを設定しよう

ここまでの重要箇所をまとめます。

:ペルソナ設定とは架空の読者像を決めること

:ペルソナの作り方・①過去の自分・②特定のあの人

:ペルソナ設定の本質とは架空の読者を明確にして悩みを具体化すること

:ペルソナ設定の手順・①狙うキーワードを決める・②読者像を明確にする・③悩みを聞き出す

:正解を確認する方法・①本物の読者に確かめる・②順位チェックツールを使う

 

ペルソナが明確になれば、読者に刺さる的確な記事を作成できます。

ブログやWebライターで記事を書く際は、必ずペルソナを設定しましょう。

読者の満足度が向上するはずです。

 

それでもまだ「ペルソナ設定がなかなかできない」という人は、特定のあの人」との交流を深めてみてください。

よりイメージが明確になり、きっと今よりも読者に刺さる質の高い記事を作成できるようになるでしょう。

 

ペルソナ設定にオススメの書籍
文章はほめられたいから書くのか? 人気コラムを連載し続けてきた著者が、プロとアマの文章の違いを語り、書けずにいる人の背中を強く押す、実践的文章法。

 

関連記事 Webライティングの書き方を現役ライターがすべて解説

関連記事 ブログやWebライティングにおける記事構成案の作り方

 

お金を稼ぎながら文章力が学べる「Webライター」をまだ始めていない人はこちら。

→『未経験でも稼げるWebライターの始め方』

関連記事